イタリアより

滞在日記

フィレンツェのダビデ

2012年04月08日 | フィレンツェ

フィレンツェの花のドォーモ/サンタ・マリア・デル・大聖堂

この旅行は、2011年12月17日に関空を出発して、同29日に帰国するスケジュールですが、行程はローマ→アッシジ→フィレンツェ→イモラ→ベネチアで、最終の目的地はベネチアです。ベネチアは昨年一週間滞在しているのですが一年経って再び行きたくなりました(^^)。ベネチアに行く途上にローマもフィレンツェもあるので通りすぎるにはやはり口おしくて…

という訳で、フィレンツェには、アッシジから移動してきて12月21日の午後3時頃にホテルにチェックインしました。フィレンツェではアカデミア美術館に行くつもりをしていたので、ホテルに荷物を投げ込んですぐに出掛けましたが、少し寄り道をして中央市場のあたりもウロウロと散策です。アッシジの静けさからいきなり雑踏に飛び込んだ格好でしたが、なんとフィレンツェはにぎやかで、かつ相変わらず、あちこちにゴミも散乱していることでしょう。ワンコのウンチも踏みそうになり、これでは花のフィレンツェが泣くでーと心がつぶやきます。


中央市場に行く途中のサンロレンツォの市

この界隈は、靴やバッグなど革製品を初め、洋服や陶器やその他雑貨etc、それはもう節操なく何でも有りの露天商がひしめき合っています。元々、都会の喧噪が嫌いでない私には、水を得た魚~というまでには至りませんが、心がウキウキしてくるのは止めようがありませんでした。いやぁアッシジとの凄い落差…(^^)


アカデミア美術館/この人達の後ろに並ぶ私(*^_^*)

前述していますが、美術館は予約も取ってなくて実に行き当たりバッタリ。それでもオフシーズンの午後のこの時間帯、思った通り、人も少なくて、ちょうど待っている人の列が途切れたところに並ぶことが出来て、10分ほどの待ち時間で入館が出来ました。この美術館で見るべきは、何と言ってもダビデ像。そう、レオナルド・ダ・ビンチが、肉々していて、でくの坊だと言ったあの彫刻です。


アカデミア美術館にあるダビデ像/wikipediaより

もっとも、ミケランジェロの名誉のために、ダ・ビンチが言った本当の言葉は…

ああ、解剖学的な画家よ
気をつけ給え
きみが裸体の感情のすべてを表現しようとして
骨や腱や筋肉を強調しすぎて
でくのぼうの画家とならぬように…


まっ私の脚色と似たようなものか~^^;このフィレンツェで、ダ・ビンチとミケランジェロが同時に居たのは、1500年代のはじめ、わずか4年~5年のようでしたが、後世共に比類なき天才と賞される二人がこの町で互いを酷評し合っていたというから、何とも子供っぽくて妙に親しみが湧いてくるから不思議です。

このダビデ像は、高さが6メートルもあって、美術館の中で見るとその大きさにそれはもう圧倒されます。もっとも、当初は人々を鼓舞する目的で、ヴェッキオ宮殿か教会の正面の壁際あたりに高い台座を以て立てられる予定だったようで、それ故に、正面下方からこの像を見上げたときに均整の取れた肉体に映るように、敢えてミケランジェロは上半身を大きく作ったのだとか。


本来の位置に置かれたレプリカ

そう言われれば、今、目の前に立つダビデは、やけに頭部が大きくて、手の部分もでっかくバランスが悪い気がするし、写真の黄色い矢印の像の後ろには、イスがしつらえてあってそれに雀のように皆が座ってダビデを見ているのですが、後ろ姿も全体の調和を欠いてなんとなく不細工…。そっか~それならば、シニョーリア広場に立つレプリカの方が、本来の位置に置かれよほどミケランジェロの思惑通りのバランスで人々の目に映る、ということになる。いや、ミケランジェロが計算した高さを考えれば、ミケランジェロ広場にある、やはり銅製のレプリカも参考にしなければ、フィレンツェのダビデは真には理解できないということなのかも知れません。


ミケランジェロ広場にあるダビデ像のレプリカ

それにしても、破損や劣化は防げるものの、作者のに反して、決して大きいとは言えないホールのど真ん中に立たされたダビデ像、素人からも頭が大きいとかバランスが悪いとか言われては、ミケランジェロは誠に以て立つ瀬がない、誇り高き天才は、さぞかし悔しく、はらわたが煮えくりかえる思いで天上から私達を見下ろしていることでしょう^^;。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« レオナルド・ダ・ビンチ | トップ | たかがジェラート・・・ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フィレンツェの青空 (sachi)
2012-04-08 23:47:20


こんばんは!
ああ、懐かしや・・フィレンツェの青空。
そこに映えるドォーモ。
いつ見ても絵になりますね。
これぞイタリア!

今夜のアルママさんはミケさんのお話ですが、
昨夜の番組ご覧になりましたか?「美の巨人たち」です。

http://davinci2012.jp/

レオ様(デカプリオではありません笑)の「ほつれ髪の女」の特集でした。
そしてそして、前回のアルママさんのブログの写真の
ダビンチさんの発明された品々がたくさん紹介されました。
ダビンチの絵画作品は殆どが未完成なんですってね。

ほつれ髪の女の瞼の辺りの筋肉の描きかたは、まさに解剖学を学んだ人の描き方なんだそうです。
モナリザもほつれ髪も、もちろん未完成。。。うーん、天才の考えていることは分かりませんね。
何で、あれで未完成なの?
なにが納得いかなかったのか?
数々、未完成で気にならないのかしら?と
凡人は思いますが。

彼の研究(?)発明の数々は、まさにそのまま現代のPCのような気がしました。

あ、それと支部長、そのうちお写真送りますね(笑)

Unknown (sachi)
2012-04-08 23:49:08
最近、ダビンチ番組が多いのはBunkamuraの展覧会のせいなんですねぇ。
混んでいるんだろうなぁ。

面白い (キリ)
2012-04-09 14:35:27
時々拝見しています。
イタリア、いいですね。
フィレンツェは私も好きです。
2年前にツアーで行きましたが、本物のダビデは観ていず、シニョーリアとミケランジェロ広場のレプリカだけ観ました。ガイドさんが本物は次回見て下さい、素晴らしいです、と言ってましたっけ。

こちらのは面白い説明で思わず読みふけってしまいました。下から見上げるから頭を大きく、というのは成る程と思いました。フィレンツェに行かれた時は晴天だったのですね。私達は雨で恨めしかったです。
sachiさんへ (アルママ)
2012-04-09 22:43:31
sachiさん、こんばんは。いい季節になりましたね。こちらは桜が見頃です。sachiさんはきっとお花見のお誘い、いっぱいで人気者なんでしょうね。

「美の巨人たち・ほつれ髪の女」~えー?もう放送があったのですか。BSジャパンでは4/22みたいなんですが…東京は早いのかな。そうそうダ・ビンチはとても仕事の手がゆっくりだったそうです。なので、あれもこれも手を付けっぱなし?(笑)って言ったら叱られそうですが、sachiさんが言われる通り、どこが未完やねん、って感じですよね。筋肉の動き方を勉強するのに解剖までしたらしいですが、やはりテレビでもそんな説明があったのですね。いやぁ、これは22日、何としても見なくては(^o^)又々、sachiさんにいい刺激を頂きました。

ところで本部長殿、改めて支部長を拝命頂き、光栄です(笑)。写真の送付、ワクワクしてお待ちしています。で、sachiさん、ゆおさんともう例のところには、行かれたの?あっ内緒でしたね(笑)
sachiさん追伸です(^^)/ (アルママ)
2012-04-09 22:54:06
sachiさん、Bunkamuraの情報、ありがとうございます。「ほつれ髪の女」が来るのですね。見に行きたいなぁ。東京だけで展示とあるからほんとに貴重な機会ですね。こんな時、いつも思いますよ、東京に住んでおられる方がほんと羨ましいです。
キリさんへ (アルママ)
2012-04-09 23:01:26
こんばんは。つたない旅行記を読んで下さってありがとうございます。キリさんもフィレンツェがお好きなんですね。ダビデ像ですが、私もアカデミアの本物は今回が初めてでした。シニョーリアのダビデもミケランジェロ広場のダビデも大した感慨もなく見ましたが、今回だけはさすがに本物だと思うと見方が違いました^^;そうそう、私も前回のフィレンツェは雪が降って、足元も悪くて最悪でした。旅行はお天気にこしたことはないですよね。
洗い髪のままで・・ (sachi)
2012-04-09 23:55:24

ほんと、いい季節になりましたね。
これも束の間なんですよね~
すぐ暑くなる・・・(-_-;)

知識豊富なアルママさんに、いつもTVからの情報を知ったかぶりしてお知らせして すみませんm(__)m

「美の巨人たち」、メールでお知らせしようと思ったのですが、TV東京系なので、多分放送時間帯が違う気がしたんですよぉ。
やはり、そうでしたね。
22日ご覧になってください。
「最後の晩餐」も・・・お楽しみ♡

ほ・・・本部長!!
副会長ですってばー(笑)
あそこ?未だですよ。
何回も行けないから、楽しみは、もう少し先にしなくては。。(^_-)

なかなか~☆ (アルママ)
2012-04-10 23:29:46
きゃっsachiさーん、「洗い髪の女」ですかぁ。なかなか色っぽいですねぇ。いろいろ想像してうふふっです。

いやいや、私も旅行前に大急ぎで調べていくので浅薄な知識しかないんですよ。ツアーですと添乗員さんや現地の案内の方が微に入り細に入り教えてくれますが、一人だと何の予備知識もなく出掛けると、何を見てもハテナマークばかりで(笑)美術館で日本のツアーの方達と一緒になったりすると、横で聞き耳もしっかり立てたりします^^;

そそっあそこ(^o^)もう興味津々ですよ。さちさんは明るいし可愛いし、きっと大歓迎だと思います。いっそのこと変わっちゃって下さいな(笑)支部長としましてもその方が身近に思えてワクワクしますです。ハイ(^o^)
青空の下のフィレンツェって (なおこ)
2012-04-12 04:35:14
いいですね。そうでなくても、美しい町全体が、よりきれいに見えるし、散歩しても店の間を歩いて品定めしても、ずっと楽しいことでしょう。せっかくイタリアに住んでいるのだし、ペルージャからフィレンツェはそれほど遠くないので、いつか行ってみたいなと思いつつ、ずいぶん長い間行っていません。わたしが訪ねたのは3、4回ですが、初めてツアーで1日訪問したとき以外は、いつも雨だったり曇りだったりしたので、うらやましいです。

すぐに美術館に入れたとは、これもラッキーでしたね。アッシジも、実はKazuさんが訪ねられたときは、たぶん年中で一番人が少ない時期で、ふだんは開いている店も土産物屋も観光客も信者も多くて、かなりにぎやかなんですよ。街頭で芸を披露している人もあちこちにいたりします。

ダビデ像も、これだけKazuさんの想像を刺激することができて、うれしく思っていることでしょう。昔の悪口を言い合った才人たちと言うと、わたしがすぐに思いつくのは、清少納言と紫式部です。悪口を一方的に言ったのは紫式部の方で、嫌な奴と中高生の頃に思ったその気持ち、結局今も変わっていません。
同感です(^^) (kazu)
2012-04-13 00:01:54
なおこさん、ほんとにフィレンツェは晴天で気持ちが良かったです。一昨年は雪にたたられてさんざんでしたが、今回は抜けるような青空で、旅先でお天気がいいと得した気分になります(^^)。又、美術館も予約なしで、どこも入館できるのはオフシーズンならではのメリットですよね。なおこさんがフィレンツェ再訪されたら、きっと情報が満載で、とっておきのお話が又聞けるのだろな、いろいろと教えて頂けるのが楽しみです(*^_^*)。

アッシジもいろんな方のブログを見せて頂くとなおこさんがおっしゃる通り、シーズンは人であふれていますよね。観光シーズンに行くと又違った感想を持ったことと思います。毎年、仕事が早くからお休みになる12月のあの時期しか行けないので仕方ないのですが、いつか春や秋の季節のいい時に訪れてみたいです。今度機会があればチンクェテッレへ足を延ばしたいのですが、やはり冬に行く所ではないかなぁ。

ダビデへの逞しき想像、なおこさん、きっと笑ってられたでしょうね^^;。ほんと想像ではなく妄想です。お恥ずかしい。そうそう、日本にもライバル闘争ありましたね。学生時代、ゼミで平安文学を取ったので、みんなで、式部と清少納言、どちらが意地悪かとかよく話ました。したり顏にいみじう侍りける人でしたっけ?あのくだり、なおこさんのお陰で懐かしく思い出しました。式部も清少納言も、辛辣でほんとどっちもどっちですよね。まっ言葉に出した式部の方が負けかな。

コメントを投稿

フィレンツェ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事