リサイクル&アンティーク アラジンへようこそ

滋賀県彦根市長曽根南町485-3-1階 TEL 0749-26-3539

昭和レトロ スペースエイジ世代の電気スタンド

2018年07月27日 | 日記

アポロ計画で宇宙ブームが始まった昭和30年代~40年代、

流線型や球体をイメージしたデザインが流行しました。

そんなスペースエイジなデザインの電気スタンドが入荷してまいりました。

何だか、秘密の通信機器が内蔵されてるかのようなデザイン。

球体にぶら下がっているチェーンがスイッチです。

こってりとした塗装がホーローにも似ていい感じです。

電気を点けてみると・・・

まずは蛍光灯が点いて、もう一回スイッチを引くと

球体の中の豆電球が光ります。

後ろ側は、

コンセントも当時のまま。

アメリカ製かな?

と思ったら、メーカーは東芝でした。(がんばれ東芝!)

<ゆ>

コメント

昭和レトロな「金時あん」の空き缶

2018年07月21日 | 新入荷情報

今年は、史上最強クラスの猛暑らしいです。

かき氷が恋しくなりますが、

中でもあんこたっぷりのかき氷はミネラルや当分補給ができて

体にいいそうですよ。

というわけで、金時あんの空き缶です。

和菓子屋さんの倉庫にねむっていたもので、

大きさは直径25cm×高さ24.5cm。

熊にまたがった金太郎さんの表情が勇ましく、熊もちょっと怖い。

大阪 山下清三郎商店謹製と書かれていますが、

歴史的なデータは不明です。

 

手頃な大きさなので、小物を入れたりディスプレイに使っても面白いですね。

170瓦というのは、瓦(かわら)と書いてグラムと読ませています。

gと字体が似ていて絶妙の翻訳ですね。

戦時中の商品によく見られます。

アラジン価格は980円(税込)です。

<ゆ>

コメント

後三条今昔ものがたり

2018年07月14日 | 新入荷情報

ご当地ものの中でも、超ピンポイントのご当地ものです。

アラジンからほど近いところにある「後三条町」の歴史本になります。

見開きには、昔の彦根の景観図が載っています。(今より山が多い)

あいさつ文には井伊直愛元市長が寄稿されています。

1989年まで、彦根の市長と言えば井伊家の当主が当たり前という感覚でしたね。

続いて、後三条町の図面。

後三条町という名前の由来もこの後に記述があります。

町内の旧跡が紹介されています。

右ページに写っている稲荷神社は芹川沿いにあって、

私もウォーキングの途中に立ち寄ったりしていましたが

ミニ伏見稲荷みたいな趣があります。

発行は平成5年(1993年)

奇遇なことに、先ほどの井伊直愛元市長が逝去された年に発行されたことになります。

彦根はとっても歴史のある古い町なので、レトロなアイテムがよく持ち込まれます。

お盆に向けて大掃除の季節ですが

気になるものは捨てずにアラジンにお持ちくださいね。

<ゆ>

 

コメント

液体キンチョールの空き瓶

2018年07月06日 | 新入荷情報

夏です。

日本の夏といえば・・・

はい。金鳥の夏です。

てことで、

戦前のキンチョールの空き瓶です。

表面にエンボス加工が施された凝ったデザインです。

この年代でラベルが完全に残っているのは珍しく、

青地に赤文字、周りの菊のデザインが美しいですね。

トレードマークの鶏の横には「専売特許」と書かれています。

鶏の首に「上山」とあるのは、創業者の上山(うえやま)英一郎氏を示すもの。

側面は、

ローマ字で「KINCHOL」と、反対側には

カタカナで「キンチョール」と表示されています。

そして裏側には、荘厳な文章で使用方法が説明されています。

昔は、これを空気入れみたいな噴霧器に入れて

手動でシュッシュとスプレーしてたんですね。

戦後の昭和27年にスプレー缶が開発され、

徐々に姿を消していきました。

アラジン価格:9,800円(税込)

 

コメント

COLLEEN(コーリン)の鉛筆削り

2018年07月01日 | 新入荷情報

今日から7月。

関東では早くも梅雨が明け、彦根も快晴のスタートです。

本日も昭和レトロなアイテムが入荷しました。

COLLEEN(コーリン)というメーカーの手回し鉛筆削りです。

もちろん、今でも実用できます。

勉強の合間に手回しでコリコリと鉛筆を削るとちょっとしたインターバルになって、

減った芯の分だけささやかな達成感が感じられたものでした。

COLLEEN社名やフォルムからヨーロッパの会社みたいに思えますが、

大正5年創業の日本の鉛筆メーカーでした。(1997年廃業)

また、この機種は芯先を斜めに長く削り出す「アークライン式」が採用された

日本で初めての鉛筆削りだったそうです。

とても使い込まれた、歴史を感じる鉛筆削りですね。

気になるアラジン価格は、5,800円(税込)です。

<ゆ>

コメント