Newアラジン日記!

アラジン日記をリニューアルしました!
なるべくこまめに更新したいと思います(笑)!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ケンくんとのサイクリング日記

2013年01月21日 | 自転車

今日はジムの仕事が18時からなので、昼間は自転車でトレーニング。
最近よくケンくんと一緒に良く自転車で走っている。

ケンくんとは、超簡単に説明すると(笑)知り合いのお子さんで、今年大学生になる男の子。
卒業祝いで自転車(ロードレーサー)を買って貰らったようで、
それから自分とタイミングが合えば一緒に走るようになった。

高校時代はサッカーを一生懸命していただけあって、身体能力はなかなか高い。
一番最初に走ったのは、家(鶴見)から鎌倉までのコースだけど、
こっちが結構飛ばしても一生懸命後ろに着いてくる。

体重はかなり軽い方なので、
ペダリングはちょっとがむしゃらな感じだけど、
登りもなかなか良いペースで登って行く。
『鍛えたらかなり登りが早くなるかな』
というのが第一印象だった。

そんな感じで毎週あちこち一緒に走っているのだけど、
今日は家から鷹取山まで行ってきた。

最近自分も調子が良いみたいで、ペースも結構早めに走った。
なんだかんだで60キロ近く走ったけど、結構良いペースで走ることが出来た。
大人げないと言われても手加減は一切しない(笑)。

一回り以上も年の違うライバルだけど刺激になるね。
僕も抜かされないように精一杯頑張ろう(笑)。

弘資

コメント (2)

緑山MTBレース&鷹取山でクライミング研修

2011年11月29日 | 自転車

 

11/27(日)に神奈川県緑山のTBSスタジオで開催された、 

MTB(マウンテンバイク)の耐久レースに出て来ました!

 

このレースに出るのは今年で確か3回目。

毎年馴染みのショップの方たちと参戦しています。

 

今年は2時間耐久に妻と2人でエントリーしました。

 

しかし、

トラブルは当日の朝に発生(笑)。

朝起きたら、物凄く腰が痛くて普通に歩くのもままならない状態…。

這いつくばって壁に手をついてやっと起き上がる有り様(笑)。

『なんでこんな痛いんだ』と自問自答しても全く答えは出ず…。

頭の中で『DNSDo not start)※要するに棄権です』もチラつきました(笑)。

 

会場に着いて、車から荷物を下ろしてとりあえず、妻と2人コースの試走。

自転車には何とか乗れる状態(笑)と確認。

頑張って走ることに決めました!

 

レースがはじめれば、アドレナリンMAX!

走っている時は腰の痛みも忘れて走れました!

なんとか2人で2時間走り切ることが出来ました!

 

BBQも楽しくて美味しかったし、みんなで走って楽しかった。

結果よりの思い出に残るレースが出来ました!

 

 

 

緊張のスタートの瞬間!

頑張って走る僕(笑)

 

そして、昨日は横須賀にある鷹取山の岩場でジムスタッフのクライミング研修を行いました。

岩場でのトップロープの確実なセットや安全管理などなど。

しっかりと研修を行いました。

 

自分が考える一人前のクライマーとは、

上手に登ることもさることながら、

しっかりとリスクを管理して、

その状況で最大限の安全管理が出来るクライマーだと思っています。

 

ぜひこれからも頑張ってもらいたいと思います。

 

弘資

コメント (2)

24時間耐久レース・その2死闘・感動のゴール編

2011年10月13日 | 自転車

とまあそんな感じでレースに出場することになりました。 

しかし、ただ出るだけでは物足りない。 

やっぱり人間は向上心の生き物。

目標が必要ですね。

 

今回自分が持った目標は

ずばり『完走』です。

 

ただ、完走と言っても24時間だらだら走ることではありません。

この『完走』というのは、大会側が定めた完走扱いになることです。

その完走扱いとは、

総合優勝チームの50%以上の周回数を走ることです。

 

これはソロで走る自分にとっては、かなり高いハードルです。

 

4.5キロのコースで、

自分のペース(24時間走り切るためのペース)で1週約30分。

でも夜はその1.5~2倍くらい時間が掛かる可能性があります。

それ以外にも食事(補給)、着替え、レストを考えると、

1時間に1.5周したとして36周する計算になります。

 

昨年のリザルトを見ると優勝チームは70週を走っていました。

これを考えるとかなり微妙なラインですね。

 

とはいえ、自分に出来ることは目の前のコースを一生懸命走るのみ!

あんまり先のことを考えて見ても仕方が無い。

気持ちを切り替え集中してスタートしました!

 

レースは、ほぼ最下位でのんびり始まりました。

これは作戦です。

『頑張らない作戦』です。

もちろん気持ちは前へと思うのですが、

焦りすぎて頑張ってしまうと絶対にバテテしまいます。

24時間はそんなに短くありません。

優勝候補のチームなどに何回も抜かれますが、辛抱、辛抱。

ひたすらマイペースで走りました。

 

レース開始して10時間後の夜8時が正直一番辛かったと思います。

10時間走ってそれなりに疲れてきているし、これから夜を超えるプレッシャー。

何回も心が潰されそうになりました。

サポートをしてくれた仲間の励ましで心が折れずに走ることが出来ました。

 

長い長い夜を何とか超え、やっと日が昇ってきました!

やっぱり、人間が生きるためにはお日様の光が必要なんですね。

夜通し走った足はスカスカで膝は痛いし、それ以外の箇所も大体ボロボロ(笑)。

それでも太陽の光を全身に浴びると元気が出てきます。

この時はじめて『完走』出来るかも知れないと思いました。

明るくなってからは、本当に時間が早く進みました。

 

手元の時計を見ると残り30分。

ゆっくり走れば『これでちょうどゴールかな』と思ったのですが、もう1人の自分が話しかけてきます。

『頑張ればあともう1周出来るんじゃないの?』

 

耐久レースのルールは制限時間内でチュックポイントを通過出来ればもう一周走ることが出来ます。

30分以内にチェックポイントを通過すればもう一周出来る、気が付いたら後先考えずに思いっきりペダルを踏んでいました。

今まで一番軽いギアでゆっくり登っていた坂も少しギアを重くしてダンシング(立ち漕ぎ)で。

もう身体はボロボロで残っている力はありませんでしたが、

『残っているものがあったら全部出そう』

 そう自分に言い聞かせペダルを踏み続けました。

 

奇跡は起きました!

 

終了30秒前にチェックポイントを通過することが出来ました!

そして何とか最後の1周を走りゴールすることが出来ました!

 

ゴールした時は、もう頭の中は空っぽ。

『なんか鍋に水入れている人がいるな~』

なんてぼんやり考えていたら、その水がおもいっきり自分に掛かりました(笑)!

 

でも、これだ終わったんだーと思うと何とも感慨深いものがありました。

 

しばらくその場で休んでいると、

スタッフの人が最新のリザルトを持って来ました。

 

すぐに確認すると、自分の周回数は35週でした。

優勝チームは69週回と言うことなので、

なんと『完走』することが出来ました!

いやー、ホントに頑張って良かったと心から思いました。

(しかし4.5キロ×35周って150キロ以上も山の中を走っていたのですね;笑)

 

レースが終わり身体はボロボロになったけど、心はとてもリフレッシュ出来ました!

なんて素晴らしい大会だったのだろう!

走っている時は辛くて『もう絶対来年は出ない』なんて思っていましたが(笑)、

なんか今は来年も走りたいなーなんて思っている自分がいます。

 

最後になりましたが、サポートして下さいました皆様

本当にありがとうございました。

食事、マッサージなどあの完璧なサポートが無ければ自分は絶対に完走することは出来ませんでした。

心から感謝しています!

 

 

 

感動のゴール!

興味ある人、来年一緒に走りませんか?

 

弘資

 

おまけ

文章だけ読んでいるとかなりストイックなレースと

思う方もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません!

楽しむことをとっても大事にしている素敵な大会です。

(知り合いのブログから写真拝借しました。)

彼は馬鹿なのではありません。ちょっと変態なだけです(笑)

※ウソです。仮装コンテストで大賞をとるためレースを盛り上げているのです。

左の子どもたちはかなり怪しそうな顔で見ていましたが;笑

コメント (4)

24時間耐久レース・その1準備編

2011年10月12日 | 自転車

 

気がつけば楽しかった3連休も終わってしましましたね。

今回は3日間とも最高の天気に恵まれましたね!!

 

みなさんは何をして過ごしていましたか?

 

僕は最高の天気に中で、最高にアウトドアを満喫してきました。

何を満喫したかと言いますと、

はいMTB(マウンテンバイク)です!

(クライミングネタじゃなくてすみません。)

 

この三連休で長野県小海町松原湖高原オートキャンプ場で行われた

マイティデューロ19』に参戦してきました!

この大会は日本のMTB耐久レースの草分け的なイベントで、今年で19回目になります!

 

耐久レースを簡単に説明すると、

制限時間に決められたコースを何周出来るかを競うレースです。

 

今回のマイティ19は

制限時間はなんと24時間!

コースは松原高原キャンプ場内に設置された、特設の約4.5キロのオフロードコース。

 

そして今回そのレースに、自分はソロ(1人)で参戦することにしました。

つまり24時間1人で走り切るということです。

 

ま、簡単に言うと変態の集まりのレースですね(笑)。

 

何でソロにエントリーを決めたかと言いますと、

今年の夏に妻の実家(山口)に自転車で帰った時に、

もしかしたら自分でも走れるかもしれないかもしれない(結局どっちだ;笑)と思ったのがきっかけでした。

 

しかし、課題はたくさん。

24時間走り続ける体力も必要だし、夜の真っ暗闇の中を安全に走るためのライト(装備関係)など大切なものがたくさん。

 

9月上旬は身体の調子も結構良かったのですが、レース10日前に富士山のあたりを雨の中1日走ったら冷えから調子を崩してしまい、気管支炎が再発。

いつもお世話になっている治療院で筋肉の張り、関節など歪みを治してもらい何とかレースに出られる状態になりました(かなり付け焼刃でしたが;笑)。

 

10日間自転車にほとんど乗っていない状態でちょこっと不安もありましたが、

もう目の前にレースがせまっていました。

 

頑張るしかないって感じですね(笑)

 

その2(過酷なレース編)に続きます。

コメント

富士山周遊

2011年09月27日 | 自転車

昨日はジムのお休み。

ジムのお客さんで遅い夏休みを取られた方がいたので、一緒に自転車ツーリングで出掛けました。

 

ルートはあれこれ迷いましたが、

富士山を1周するコース。

雄大な富士山を眺めつつ峠のワインディングを楽しもうと思ったのですが、

 

走り出して小一時間で生憎の雨…。

厳しいサイクリングになりました。

 

雨で路面はかなりスリッピー。

危険極まりない感じ(笑)。

 

注意しながら峠道を走っていたも、

気がつけば60Km/hオーバー♪

手の感覚は一気に無くなります(笑)。

 

あまりの寒さに心の火が消えかけた時、

そんな時に視界の片隅に入ったコンビニ!

すぐさまピットイン(笑)。

 

消えかけた心の火は、

おでんとあんまんに救われました(笑)。

次回のアラジンの飲み会は、おでんにしようと心に堅く決めました!

 

ともあれ

何とか事故なく怪我無く、100Kmを走り切ることが出来ました!

 

走ったルートです。

次はどこ行こうかな~。

 

弘資

コメント