業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

パプアニューギニア、日本人旅行者は事前ビザ(査証)取得を義務付け

2020-02-12 11:46:15 | 旅券、査証
こんにちは。 業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 ランドオペレーター有限会社ピ-エヌシージャパン、日本海外ツアーオペレーター協会によりますと、パプアニューギニアでは「新型コロナウイルス」の汚染国となっている日本からの渡航者に対し、従来行っていた現地でのビザ(査証)取得による入国を一時取りやめ、事前ビザの取得を義務付けているとのことです。

 一時渡航ビザは、東京都目黒区の在日パプアニューギニア大使館にて取得が可能です。 またインターネットによるeVISAシステムも稼働しており、即日発給されています。 原則、ビザがないとパプアニューギニアへの航空便にはご搭乗いただけませんので、パプアニューギニアへご旅行の際は、必ず事前にビザ(査証)の取得をお願いいたします。

 また、パプアニューギニア行きフライトの機内では、新型コロナウイルスに関するインタビューフォームが配られ、入国の際に提出することとなっています。 なお、先週末よりビザを事前取得した日本人旅行者が入国しておりますが、スムーズに入国できているとのことです。

 どうぞ安心してお出かけください。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312

コメント   この記事についてブログを書く
« ANAは上海線など大幅に縮小、... | トップ | イタリア、2月25日「ストライ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

旅券、査証」カテゴリの最新記事