くまたんのつぶやき

いすみに生息するくまさんのまったりとした日常。。

御宿とメキシコからの大河ドラマ その2

2018-06-14 21:02:37 | 日常

皆さまこんばんは。ちょいナーバスになっているくまさんです。
なぜなら、くまさんの生息地域いすみ市は、千葉県の東方に位置するのですよ。
そう!スロースリップで揺れ始めている地域!
早朝に揺れ、職場で揺れ、帰ってきてまた揺れ・・・血圧が上がりそうですっ!

まーともかく今日の写真でも。
これは職場にあったサクランボちゃん!
常勤ドクターのご実家が送ってきてくれたそうです!
ご実家は山梨だったかな?


気付いた時には半分近くになってました~!(笑)


一粒がデカかったです!!!

で!昨日の続きですな。
昨日は四百年ちょっと前に起こったメキシコとのつながり話でしたね。
御宿町で昔そんなことがあったという史実に
10年ほど前に目を付けた方々がいらっしゃったのですね。

ちょうど遭難から400年記念ということで。
まぁその前からメキシコとの縁は御宿町にいろんなイベントやらをもたらしていたのですが
記念だってことで、サン・フランシスコ号に乗っていたドン・ロドリゴの生地
テカマチャルコ市と姉妹都市になったりとか

メキシコから留学生を招きましょう!とか
メキシコ在住の日本人からメキシコ関係の品々を寄付してもらったりとか
そんな事業を民間レベルでやっていたのです。
ま、結局は町を巻き込みましたけど。

で、たまたまその民間レベルのトップをやっていたおじさんと知り合い
なんやかんやとお手伝いを始めたのがくまさんとメキシコとの出会いでした。
で、メキシコの品々の整理とかのバイトに次男を引きずり込み
つか、あいつもよく引き受けたよなー

それが次男とメキシコとの出会いとなり、
それからあれよあれよ、というか、流れに乗っかっていった先にあったのが
外務省が募集していたメキシコへの語学留学だったんですな。
日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修とかいうやつだったっけ。

今は離婚問題だったり、仕事が忙しかったりがあって全然お手伝いをしていないくまさんだけど
次男がメキシコに住むことになり、そんなワケでメキシコとの縁は継続中なのです。
んで!ここで登場するのが大河ドラマなんですねー。
なんじゃそりゃって感じですがね。

奇しくもメキシコという外国を知るために、まず触れたのが日本の歴史じゃないですか。
ぶっちゃけくまさん、歴史は苦手というかー興味がないというかー好きじゃなかったんですよ。
だから、家康だの政宗だの有名どころの名前だけは知ってるけど
戦国時代に日本で何があったのかを全く理解しておりませんでした。(笑)

でも!ホント何がきっかけになるかってわかんないもんですよね!
メキシコとのつながりを知るには当時の日本事情をもっとわかってないと!ってなりまして
それでも教科書は拒否反応が激しすぎるので
生まれて初めて大河ドラマを見始めました~~!

真田丸から見始めたのですが、今のところ似たような時代を取り上げてくれてるので(今回は西郷さんですが)
少しずつ見え始めてきましたよ~!ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)
ただ、あくまでもドラマなのでその時の立ち位置でいい人に描かれたり感じ悪く描かれたりとマチマチなのがね。
こないだ愛されていた井伊家が今回は桜田門で暗殺ですからねー( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

とまぁ、そんなワケで今回のタイトルなのでした!
最後までお付き合いいただきありがとうございました~!
って、ここまで読む人いなかったりして。
クマクマ!!(_(エ)_)ノ彡☆バンバン!!


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 御宿とメキシコからの大河ド... | トップ | 離婚をするということ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事