単結晶からモノづくりを創造するAKTサイエンスブログ

単結晶 無機材料 結晶科学 モノ創り 最先端デバイス 機能性材料

間違えてはいけない特許の話

2016年08月25日 | ベンチャー
こんにちは、単結晶からものづくりを創造するAKTサイエンスブログを書いています 株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所の阿久津です。

技術ベンチャーをやっていると、資金提供の対価と称して、「特許権の譲渡」を言ってくることがあるそうです。


特許権を譲渡というのは、特許を完全にあげちゃうか(パテントリストラ。ベンチャーというより、多くの特許を持っている大手がやることでしょう)分割譲渡して共同出願者にするか、ということです。



動画では共同研究といってますが、資金提供としての特許権を分割、共同出願者にしましょうと、甘く囁いてくるという話もあるそうなので、気を付けましょう。

もちろん、動画でも解説している通り、別段の定めを十分に行えばよいので、譲渡事態を否定しているわけではありません。

当社は特許戦略重視なので、必ず専門家に相談することにしています。

何事も勉強ですね。



単結晶製造装置 株式会社アドバンスト・キー・テクノロジー研究所
〒187-0002 東京都小平市花小金井1-34-4
090-7826-9304
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 機械加工の技術を活かしてユ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ベンチャー」カテゴリの最新記事