散歩道・・・Megu

つれづれなるままに・・・思いのまま記してます

IT同好会 akochan.net ホームページドメイン変更しました。

2019年02月04日 | 趣味


ブログトップの画像ですが、この舞妓さんは我が愛娘です。

「IT同好会」は昨年8月に立ち上げて、9月に「はじめまして会」を開催しました。

おかげさまで満員御礼のうちに会が始まりました。

町内の方がほとんどですが、好評なまま仮にアップしたありましたホームページを変更して、本年1月15日よりIT同好会のホームページドメインを「akochan.net」に設置しました。

https://www.akochan.net

その関係から、akochan.netドメインを使っていた同好会のブログ「blog.akochan.net」のURLが元に戻り、https://akochannet.blog.fc2.com/となりました。

このIT同好会は、いわゆるパソコン教室ではありませんが、初心者も熟練者もパソコンもスマホもタブレットも、すべてインターネットを利用して楽しむための会なのです。

パソコン初めての方も交えての同好会の一方、ゲームの達人がいるのに「ゲーム対象外」の同好会ですが、皆さんそれぞれに毎回の課題をクリアしてお遊び感覚でメッセージカードを作ったりしています。

次回は、皆さんのそれぞれ好きなものを作ってもらい、出来上がった作品を「IT同好会akochan.net」ホームページの「みんなの作品集」へアップしようと思っています。

1月の最初の会は半分が同好会で後半は、お赤飯の差し入れがあったりして「新年会」となりました。(アルコール抜きです)

同好会の合間にお茶か、お茶のつまみに同好会か、というような具合で楽しむ会なんです。♪

つかうものは、貸出ノートPC4台OK、その他タブレット、スマホ、ご自分の環境を持参してもOKなんです。

Wi-Fi環境は完備しています。隣の部屋のプリンターも利用可能。

興味ある方はのぞいてください。(^_-)-☆


トイレを利用するとマクドナルドの割引き券がもらえる

2019年01月28日 | 旅行情報


夫婦そろってインフルエンザにかかったものの、熱も下がりほどほどの元気がとりもどしましたが、まだ保菌期間なので休養中です。

なにやかやとやっているうちに、以前旅行に使っていたバッグの中の財布からこんな券がでてきました。

ミュンヘンとザルツブルグへ行った時、トイレはほとんどが有料で50セント~1ユーロ程かかります。

DBのトイレもMacのトイレも50セントでした。
入り口にバーがあってコインを入れてオスと中にはいれます。
かなりたくさんの個室がありきれいに整備されているので、広くて案外快適なトイレでした。

コインを入れると下からチケットが出てきます。次回マクドナルド利用時に使える50セント分の割引券です。

DBのトイレも同様で広くて個室がたくさんあって快適でした。

有料でも管理は良くて快適だし同じ金額の割引き券がでてくるので、利用者として実質は無料ということになるかしら。

ただ、ウォシュレットが付いていないので、やはり日本のトイレは最高です。


2019年の初日の出

2019年01月03日 | 趣味


平成31年、2019年元旦の初日の出です。
年末より伊豆高原に宿をとり、お部屋のバルコニーから伊豆大島を望み、7:04に初日の出をみることができました。、

新しい年を迎えて、あらためて新年のご挨拶を申し上げます。



本年もろしくお願いします。

昨年長寿寺の書展で購入した風間先生の書を、縁起ものの千両と一緒に玄関にかざりました。
中国大陸の一部の地域で現在も残っているトンパ文字という象形文字で「満天の星」と書かれているそうです。


文字としてはあまりよくわかりませんが、落ち着いてかわいらしい丸みがあり暖かみが感じられて大好きな書のひとつです。

今年は娘も厄年で、初詣で厄除け祈願をお願いしてまいりました。
今年も皆様にとって良い年になりますように!

年の瀬の一息、まだ紅葉が残っている相模原常福寺様

2018年12月28日 | 趣味
月2回の寺子屋(?)今年最後の書道のお稽古が終わって帰りがけに境内の紅葉のライトアップがきれいでパチリ!
竹林もまたいいですね!



いつもお稽古が終わると和尚様がお茶とお菓子を出してくださり、風間敞子先生を囲んでお茶を飲みながらおしゃべりをしてホット一息つきます。

2時間ほど神経を集中して書道のお稽古をするとかなり疲れていますので、終わった後のお茶のひと時で癒されます。

何年たっても上達しているのかどうかと心配になりますが、「好き」がなによりかと自分なりに納得して、
このような環境にいられることに感謝しつつ、おもいおこしてこの記事を書いています。

月日の経つのは早いものだと、今年も無事に1年すごせたことにも感謝!感謝!

みな様、よいお年をお迎えください。

北鎌倉散策して鉢の木でのランチ

2018年12月16日 | レストラン・カフェ
先日、おばたりあん4名で北鎌倉へ行ってきました。
この冬は暖かだったというのもつかの間で今日は肌寒い冬の日でしたが、お天気には恵まれて助かった!!

本命は長寿寺で開かれた風間敞子先生のめずらしいトンパ文字の書展でしたがその前に、、、、
鉢の木北鎌倉店でランチ!

北鎌倉長寿禅寺は非公開寺院なので通常は門から中へは入れませんので、素敵な写真を公開できないのは残念ですが、先生の作品、建物、お庭の紅葉もご覧になりたい方は連絡いただければ個別にお見せしたいと思います。




鉢の木は北鎌倉店と別館と隣り合わせに位置していますが、私たちは北鎌倉店へ入りました。





ランチは予約なくてもはいれます。(予約の場合5000円以上のコース)

私たちはお昼の会席コース2,160円をいただきました。
美味しくて量的にもちょうどいい位で見た目もきれいなコースでした。

風間敞子先生の書展を拝見した帰りがけには、いろりのあるお店(名前は??)でわらび餅とお抹茶をいただきておしゃべりも弾んで楽しい1日でした。




帰宅後に、鉢の木で購入したご飯の友「生麩のしぐれ煮」で人心地


湯ヶ島の落合楼村上泊、紅葉の浄蓮の滝

2018年12月09日 | 旅行情報
先月の退院後、約2週間ほどでしたが、BMに乗ってゆっくりと伊豆へ行ってきました。
明治時代からの老舗の落合楼ですが、昭和初期に京都の宮大工さんが創った文化財の建物です。














紅葉の富良野

2018年10月29日 | 旅行情報


新富良野プリンスホテルのガーデン、朝のお散歩で気持ちいい!

シニア二人、珍道中のザルツブルグ

2018年09月18日 | 旅行情報


利用した航空会社はカタール航空。
成田空港からミュンヘンへ行き、ドーハで乗り継ぎました。

かなり時間があったけれど、エコノミ―のシートに長時間座ってちょっと疲れ気味だったので気分転換にいいかもしれません。

写真は家のネットで調べた時刻と料金です。
一人分の往復運賃が189,430円と表示されています。

この場で料金の事をいうのもなんですが、、、
自分で購入すると、この料金でX2人分往復=378,860円になります。

でも、私が旅行会社へ支払った料金は、3泊6日間の往復航空運賃+朝食付きホテル代3泊分で280,430円です。
航空運賃が約10万円近くお得になって、おまけにホテル代金は0円という計算です。

宣伝料をもらっているわけではありませんが、旅行会社のフリーのツアーはお得です。
ただ、三ツ星・四つ星にこだわる方は別ですが、スーペリアかスタンダードクラスのホテルになるようです。

私たちが利用したホテルはスタンダードと表示されていました。
Hotel Gerumaniaという日本人客の多いホテルです。
フロントに日本人のスタッフがいてとても親切でした。

お部屋は簡素でしたが、とてもきれいでシャワーのお水も豊富で、ドイツ風ツインでした。
日本ではツインとダブルがありますが、ドイツ風ツインとはシングルベッド2個を並べて間がない置き方になっています。
なので旅行会社によってはどちらもダブルとしか表示しないところもあるようです。


ミュンヘン中央部にあるマリエン広場の新市庁舎です。
時間が来ると、メロディーが鳴って時計台の人形が回ります。
ホテルは1駅2駅先のミュンヘン中央駅付近にありました。

ドイツのミュンヘン中央駅からバイエルンチケットという1日券を購入。
朝の9時~翌日の深夜3時までDB、バス、トラムが乗り放題です。
1名25ユーロですが、2名一緒に購入すると31ユーロでした。
券売機で英語を選択して購入できます。
※注!!※ ドイツだけではないかもしれませんが、鉄道やバスは改札口がありません。
切符を購入して勝手にのればいいのです。
時刻表も時々宛になりませんから、きちんと電光表示版や放送に注意しないと変更になる可能性があります。
切符がなくても乗れますが、、、、、時々ランダムに検察員が来ます。
切符がないのが判明すると罰金がとても高額らしいです。




ザルツブルグは初めてまいりましたが、Google Map のおかげで迷わずに1日散策できました。
本当はザルツブルグに1泊できたらよかったのですが、、、

ミラベル庭園はみなさんが自由に入場できる公園になっています。
公演からしばらく通りに沿って歩き、川を渡り街を奥に入っていくとモーツァルトの生家がありあした。

また、少し戻って地下道を通ってみましたが、遠回りになってしまったけど、川沿いに田舎道を散策しながら湖の近く間で行くと、
私の今回の旅行の目的地、レオポルドクロン宮殿だった建物(今はホテル)が見えてきました。
セミナー用スクールのホテルになっているようで、門が閉まっていて中へは入れませんでした。
池の周りが散策できたので外観だけ撮ることができました。
憧れのサウンドオフミュージックの舞台になった館です。



1日中ザルツブルグを散策して約25,000歩ほど歩きました。
ミュンヘンの宿へ戻って、ホテルの近くで夕食はドイツ料理と思いましたがなかなか気に入ったお店がなくて、
Ca Doro Restaurant というイタリアンに入りとても美味しくいただきました。


その日はホテルにもどってシャワーを浴びて、バタン・キューでした。

翌日は早朝からmy bus を利用して現地ツアーにいきました。
ロマンティックなノイシュバンシュタイン城です。

下の2枚の写真は、、、ちょっとお恥ずかしながらの私たちシニア夫婦です。お城が小さくなってしまったのでバックのお城を大きくしました。(右は合成写真)


同日、myBus のお城巡りでは3つのお城をまわりました。
この下の2枚の写真は同じ写真で、、、、工事中お城、左の写真のうしろにあるクレーンを取り除いてみました。右は加工済写真。




奥入瀬散策と十和田ホテル

2018年08月04日 | 旅行情報

パパのBMに乗って青森までドライブしてきました。
早朝6時に神奈川を出発して、夕方に十和田ホテルへ到着。

翌日は奥入瀬渓流を散策、お天気は良好でしたが、空気が涼しい。

地図の左端「子ノ口」に車を置いて、歩き始めてまずは「銚子大滝」まで歩いて、、、トイレがなかったので子ノ口まで戻りました。

今度は、車で走り途中に車を置いて、散策。「白糸の滝」「玉簾の滝」を経て「白銀の流れ」から車に戻り、






「石ケ戸の滝」がある休憩所へ着いた。
車を駐車場に置いて、「雲井の滝」をめがけて歩き始めた。
再度、車を置いてある石ヶ戸の休憩所へもどり、ソフトクリームと天菜蕎麦をいただきました。

通常子ノ口から奥入瀬渓流館まで歩くと5~6時間ほどかかるようです。
十和田ホテルに戻って、本日も温泉に浸かってゆっくりと骨休めしました。


私たちが止まったのは別館の洋室ですが、この写真は例の本館です。

昭和16年、幻の東京オリンピックへの外国からの来賓のために建てられた十和田ホテルです。
この5月20日に何回目かのリニュウしたとの情報から訪づれました。

スタッフの応対がとても暖かい!
お料理はおいしい!
窓から見える景色も抜群!
そしてなんといっても涼しかった!
















明日は福島県へ向かい裏磐梯レイクリゾートへ泊る予定。


6月21日はメグの日

2018年06月22日 | 趣味


先日、お友達4人で表参道のランチの後、表参道ヒルズへまわり、その延長で原宿をぶらついて見つけました。

お寿司の消しゴムですが、仏壇用にお土産と思って購入しました。

2011年の東北大震災の後、突然の発作から闘病生活となったメグですが、今日がメグの命日でした。

旅行の思い出を合成写真にしてみた!

2018年05月19日 | 趣味


ちょっとお見苦しい点があるようですが、私としては思い出に残る写真です。




この2枚の写真、昨年旅行で言った北海道の北端、稚内から宗谷岬での写真で、
PhogshopCC のカンパスでjpg画像原画2枚とpng 画像を重ね合わせて合成しました。



2018年5月9日~20日 京都国際文化交流に迫田氏も出演

2018年04月22日 | 趣味
2009年にオフィスを新設する以前よりボランティア活動に従事していたakochanですけれど、
そのころからご紹介いただいて公式ホームページを管理させていただいています、
京都在住のリコーダー・オカリナ奏者、迫田浩一氏も出演します。





旧友と伊豆高原きらの里へ陶芸教室釉らくにて

2018年01月23日 | 旅行情報


2017年11月16日~18日、まろと伊豆高原の温泉「きらの里」へ
2泊の中の日、釉らくで陶芸の初体験をしました。楽しかった!

年末に焼きあがったお茶碗が届きました。









クリスマスのイタリア旅行

2018年01月23日 | 旅行情報
クリスマスのイタリア旅行

今年も最後、書道のお稽古を終えて、年末のご挨拶

2017年12月16日 | 趣味


12月も半ばすぎというのに相模原市臨済宗常福寺様のお庭はまだ紅葉でした。
今年の書道の最後のお稽古を終えて帰路につく頃には暗くなってしまいましたが、
境内から駐車場までの間には時間を忘れてのライトアップもまた素敵でした。
初めてお世話になってから本日で3枚目のお月謝袋の認印が満了して4枚目の袋をいただきました。
4年目に入ったということになりますが、腕前のほどは相変わらずですが世知辛い世の中で、石庭を横に見ながら時間を忘れて心静かに墨をする空間を大切にと思う私達がいました。
本年も大変お世話になりました。
皆様、良いお年をお迎えください。

メグ!バッグもってきて!

自然の中のメグ