☆社労士の受験日記☆その後・・・

2010年社労士試験に合格しました。
勉強記録や日々のことを書いた日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合格発表

2013-11-08 | 社労士受験
今日は第45回社会保険労務士試験の合格発表でした。

社会保険労務士試験のオフィシャルサイトは朝からつながりにくく、
合格基準や救済科目が見れなくてハラハラしました。
今日は給与計算でなかなか携帯も見れない状況でしたが、
携帯のランプがピカピカとしていて、メールの中身が気になり、
早くお昼休みにならないかと待っていました。
そしてお友達からの合格メールを見ることができました

そして仕事が落ち着いた夕方、もう一人のお友達からも合格メールをいただき、
今日は一日に「やったー!!」と思う瞬間が何度もあり、
今までの苦しみを乗り越えられたみなさんの喜びの顔を思い浮かべると、
私にとっても相当嬉しい1日になりました。

模試を受けたり、本試験を経験したり、何度も一緒に凹んだり乗り越えたりを
繰り返してきた仲間たちですから、みーんなが合格できるまで、
応援しあっていきたいですね☆

今回は社会一般、労災、雇用、健保と救済が入っていましたが、
合格率は驚異の5.4%
100人中、5人しか合格できない試験を突破されたことは本当にすごいと思います

厚生労働省のHPにも合格基準が載っていました。
厚生労働省 報道発表資料

諦めないで頑張り続けると必ず報われる日がくると今日改めて実感し、
私もいろいろなことを諦めずに進んでいかなければと思いました。
今回惜しくも合格できなかったみなさんも、
なんとかリベンジできそうな状況でしたら、
どうか諦めないでいただきたいなぁと思います。
コメント (2)

西宮から来てくれた友達と♪

2013-11-04 | 趣味・息抜きの日の日記
昨日は、前職の時からもう10年以上仲良くしてもらっている友達が
西宮市から高松へ遊びに来てくれていました。
高松の良いところをいっぱい見てもらいたい!と勢い込んでいましたが、
残念ながらお天気は雨。
それでも電車やバスに揺られて、まずは屋島へおうどんを食べに行きました。
市内にもいろいろおいしいうどん屋さんはありますが、雰囲気が好きな「わら家」へ。
連休のせいか行列ができていましたが、すぐに入れて「生醤油うどん」を食べてきました。



到着したばかりでゆっくりしてもらいたかったけれど、次の予定があるので
早々に食べてお店を出て、小雨の中移動です。
その後は、和三盆体験を申し込んでいましたので、そちらに向かいました。
「さぬき和三盆」は、香川県東部で伝統的に作られている純国産の高級なお砂糖のことで、
香川県には和三盆をつかったお菓子がたくさん売られています。
そして、この和三盆だけを使った「和三盆糖」は固まりなのですが、
これはお祝いの時などにも使われます。
この和三盆糖を形作るのに重要な役割をしているのが菓子木型です。

昨日はこの菓子木型をつくられている香川の伝統工芸士の市原さんの工房を訪ね、和三盆体験をしました。
この和三盆の体験は、行政書士のお友達が教えてくださって、私もいつか行ってみたいと思っていました☆
今回友達が来てくれることになったので一緒に行ってみようと予約をしました。



この市原さん、黄綬褒章を受章し、内閣総理大臣から表彰された菓子木型の伝統工芸士さんなのです。
菓子木型を作られている職人さんは現在、全国で6~7人、四国では市原さんお一人だけだそうです。
こまやかな細工をほどこされた木型を一つ一つ見ていると溜め息が出ます。



実際に友達と私も、市原さんの木型を使って和三盆糖をつくってみました。
富士山の木型やバラの木型、くまもんの木型にキノコのものまで・・・



完成したら箱を用意してくれて、ちゃんとラッピングして持ち帰らせてくれるのです。
私たちが和三盆糖を必死でつくっている間に、体験をさせてくれた市原さんの娘さんが、
奥の方でシャカシャカシャカ・・・とお抹茶をたててくれていました。
最後は友達と二人でお抹茶をいただいてほっこり。ほんとに楽しかったです♪



この後は、中心部まで移動して、いろいろなお土産を買ったり、
お茶をしたり、夜ご飯を食べたりと、ほとんど喋りどおしであっという間の1日が終わりました。
仕事が忙しい中、日程を調整して遊びに来てくれて本当にありがたかったです。
夜は雨がさらに強くなっていましたが、20時過ぎの高速バスで友達は再び西宮へ帰りました。
晴れていたら海沿いまで行って、瀬戸内海を見てほしかったんですが、
昨日は雨だったので海の方までは行きませんでした。
またいつか晴れの日に、今度は違う過ごし方でまた高松を楽しんでほしいなぁと思っています。
コメント (4)