珍盤奇盤のある風景

日本音楽史の暗闇を彩った奇蹟の名曲たち

19曲目 「ジョックロック」

2011-08-03 11:25:20 | 珍盤奇盤

曲の効果をわかりやすく表した一例


「魔曲」と呼ばれる曲がある。

なにがどう「魔曲」なのか。
まずは、曲を聴いて頂きたい。

ジョックロック 智弁和歌山高校



夏の風物詩「甲子園」。
正確な時期は諸説(2000年夏が有力か)あるのだが、
和歌山県のとある私立高校が、甲子園での応援において、
それまでの高校野球ファンが一度も聴いたことがなかった
曲を演奏しはじめた。それがこの「ジョックロック」である。

この曲が高校野球ファンにたいして、
いかなる印象を与えているのか。
わかりやすいやりとりを某巨大掲示板から抽出してみよう。


6 :名無しさん@実況は実況板で:2009/09/03(木) 17:41:05 ID:S+BUfkmzO
八回裏のジョックロックは神
40 :名無しさん@実況は実況板で:2009/09/07(月) 23:23:13 ID:QlLwLyTUO
着メロをジョックロックにした
80 :名無しさん@実況は実況板で:2009/10/04(日) 13:32:00 ID:0x15FmW4O
ジョックロックを聞かないと甲子園は盛り上がらない
90 :名無しさん@実況は実況板で:2009/10/14(水) 21:42:25 ID:1Bv8M8kIO
ジョックロックを披露宴の入場曲に使用したよ
140 :名無しさん@実況は実況板で:2010/02/24(水) 19:42:57 ID:ZTYRHrqp0
智弁の応援を聞きに行くだけで甲子園へ行った価値がある


「八回裏のジョックロックは神」
これが意味するものは何か。ジョックロックの効果とは…

第90回全国高校野球大会より 智弁和歌山11点攻撃


2008年夏の甲子園 智弁和歌山 ジョックロック



まだまだある。



智弁和歌山 ジョックロック伝説再び 対 PL学園(2010秋季近畿大会)


智弁和歌山-札幌第一09 7回表その1



そう、智弁和歌山がこの曲を使用して応援するとき、
なぜかビッグイニングが生まれる。だから「魔曲」なのだ。



さて、具体的に曲のデータを探っていきたい。



まず、作曲はRob Rowberry (Groveland Road Productions)
という人らしい。こちらのサイトには誕生秘話が書かれている。

 楽譜にすら作曲者の名前がない謎の曲。
外国のサイトを駆けずり回って見つけることができたのが
Blink-182というグループ名と、それがどうやら
NHLなど野球以外のスポーツで用いられている可能性があるということだけでした。
ローベリーという人物との関わりも不明です。
しかし曲自体は名曲で、00年夏の優勝はこの曲の力だと言っても
過言ではないくらい強烈にアルプスとグラウンドを一体化させる、
言わば魔性の曲です。そしてその真の効果は8回に表れます。
快進撃の原動力となったミラクルエイトと呼ばれる怪現象の裏で、
実はいつもこの曲が流れていたのです。
01年夏、和歌山大会で初戦敗退したのも
この曲を用いなかったからではないかとさえ思います。





最後のほうはいくぶん「ふーん。へーえ」という感じなのだが、
確かにこの曲には、何かの力が働いているのかもしれない。



さて、ここまで真面目に書いてきたわけだが、
ここからが本題になる。

「甲子園には魔物が棲んでいる」
これまた、よく聞く言い回しだ。
魔物についてはこのサイトにくわしい。


このサイトにあるとおりじつは「マモノ」
というものは実在しており(うそです)、
数々の迷・珍プレーを生み出したあげく、
最終的に球児の青春の涙を導いてくれる、
少々スパイシーで、ウイットに富んでいるステキな何かだ。



そのマモノが演出したであろう試合は、
上記の動画サイトで堪能して頂いたかとおもうが、
そのなかでも、ある1試合に焦点を当ててみたい。

世の高校野球ファンにはおなじみであろう、
「伝説の迷試合」である(良い意味で、ですよ)。


全体的な流れは、ここを見てほしい。


少しでも「野球」というものを見たことがある方なら、

「8回と9回が、なんかおかしい」

ということにお気づきになるはずだ。

帝京・前田三夫、智弁・高嶋仁。両名将が死力と知力を尽くした勝負。
それは、おかしなおかしな、いや、とんでもない試合だったのだ。
智弁和歌山の攻撃時に鳴り響く「魔曲」とともにお楽しみ頂きたい。


06夏 智弁和歌山vs帝京 8回~    1


06夏 智弁和歌山vs帝京 8回~    2


06夏 智弁和歌山vs帝京 8回~    3


06夏 智弁和歌山vs帝京 8回~    4



幸いにも、当時の様子を記したまとめページが残っている。

この試合の「熱」を少しでも感じられるだろう。てか、2度と見れないわwwこんな試合。

この智弁和歌山高校。当たり前のように今年の夏の甲子園にも出場する。


はたして、マモノは今年も暴れまくるのだろうか。


ブラバン!甲子園2
クリエーター情報なし
UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(M)
ここに入ってますが、オリジナルではありませんよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 18曲目 舟木一夫「ROCK'N RO... | トップ | 20曲目 アロージャズ オーケ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デブリン)
2014-08-16 23:12:27
 こんばんは。
 コメント失礼します。

 ジョックロックの発祥ですけれども、私が小学生のころにはもう智弁和歌山はジョックロックをばりばり使っていました。
 松坂世代の年のころですから、97年とか98年には、ジョックロックが使用されていたと思います。

コメントを投稿

珍盤奇盤」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事