素朴で健康な暮らし

素朴で健康な暮らしの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無花粉杉を植える森林所有者に費用の一部負担

2015-02-26 22:50:44 | 日記

花粉症は国を挙げて解決に乗り出さなくてはいけない問題です。
暖かい季節になるとスギの花粉症を持っている人にとっては恐怖の季節がやってきます。
せっかく雪もとけ、暖かくなってきたと思ったら、今度は花粉症がやってくるのです。

花粉症の経済損失は間接費だけでも275億円、直接費、間接費の合計は2,860億円と言われています。
治療費、薬代、仕事を休んだ分の給与、マスク、関連商品など多くの出費を強いられるのです。
花粉症じゃないから自分には関係ないと思うのは大間違いです。
もし花粉症が解決されれば2,860億円が節約でき、別のものに支出できるのです。

現在品種改良が進み、無花粉や少花粉のスギの品種は130を越えています。
しかしそうした新しい品種を植える新林業者は多くありません。
今までどおり、成長が約束されている従来のスギを植えることが多いのです。
リスク回避のためには仕方のないこととはいえ、これでは問題解決も先送りされてしまいます、。

そこれ林野庁は花粉のない品種や花粉が少ない品種の苗木に植え替える場合、
費用の一部を負担することを明かにしました。
今すぐ植え替えたからと言って効果が出るのは数十年後。
しかし、今取り組まなければ問題は解決しませんから
少しずつでいいので無花粉スギが増えてくれたらよいですね。