素朴で健康な暮らし

素朴で健康な暮らしの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飲み会でついついしてしまう不健康なこと

2017-12-24 01:03:41 | グルメ

この時期、忘年会、新年会などで飲み会に参加することが増えると思いますが、
飲み会になるとついついやってしまう不健康な食事の仕方があります。
20代など若いうちであればそれも許容範囲と言えるかもしれませんが、
30代、40代となってくると油断大敵と言える内容でしょう。

では、ついついやってしまう不健康な食事とはどういったものでしょうか。
飲み会なのでどうしても食事よりも、アルコールに目が行ってしまうものです。
そうなるとお腹に貯まらないメニューとか、酒の肴になる味の濃いメニューの
2つを中心に注文する傾向にあるでしょう。

しかし飲み会と言えども、これらの食事内容は不健康そのものです。
まず、お腹に貯まりにくいメニューですが、アルコールを飲むとなれば
お腹いっぱいにする必要はありませんが、結局お酒ではお腹いっぱいにならないため
飲み会の後にラーメンを食べるという流れになりがちです。
そのため、飲み会の後に追加で食事をする必要がないように、注文したほうが良いでしょう。

次に酒の肴になる味の濃いメニューですが、これは塩分や脂質が高めのメニュー
という事がわかりますから、当然ながらアルコールとの組み合わせによって
まさに肥満へ一直線のメニュー戸言えるでしょう。
そして居酒屋のメニューは通常の食堂などと違って、味の濃いものを選ぶことを見越して
塩分が脂質が多い味付けにしている傾向にあり、不健康なメニューと言えます。

飲み会なのに食事内容に気を付けるなんて無粋だ、と思うかもしれませんが
飲み会が多くなるこの時期は油断できないのです。
できるだけ普段と同じメニューを注文して、アルコールは飲み過ぎないようにしましょう。


風邪のときは入浴すべきか?

2017-12-23 23:47:33 | 日記

風邪を引いたときはゆっくりして寝ているのが一番なのですが、
賛否両論あるのが入浴しても良いのか?という問題です。
人によって答えが違っているので、何が正しいのか分からない人もいるでしょう。

風邪のときはお風呂に入らないほうが良い、悪化するというのが定説だと思います。
ではその根拠はなんでしょうか、昔のお風呂事情というと各家庭に必ずお風呂が
あったとは言い難く銭湯などを利用している人も多くいたのです。
また、自宅にお風呂が合っても脱衣所やお風呂場そのものの空調が管理できておらず、
寒かったりすることも風邪を悪化させる原因として、風邪=お風呂はダメとなってのです。

しかし最近の住宅事情では自宅にお風呂があることは珍しくありませんし、
空調管理もできておりお風呂場が寒いということもそれほどなくなりました。
問題は湯冷めすることによる風邪の悪化ですから、湯冷めしなければ入浴そのものは
否定されるものではありません。

お風呂に入り、湯冷めしないように直ぐに着替えて、髪の毛を乾かして布団に入れば、
全く問題はありません。
逆にお風呂に入った後、しばらくテレビを見るなどして湯冷めしてしまっては
お風呂の効果は全くなく逆に風邪は悪化してしまいます。

とは言っても、38度以上の高熱が出ている時やインフルエンザなどの感染症の場合は
入浴は控えたほうが良いでしょう。
お風呂に入るのも体力を消耗してしまいますから、お風呂に入ってスッキリしたいな
と思えるほどの体力がある場合は、湯冷めしないことを前提にお風呂は問題なしと言えます。


野菜ジュースを飲んでいれば健康と言うのは間違い

2017-11-28 21:00:05 | グルメ

忙しくで時間のなくちゃんとした朝食が取れなかったり、外食ばかりになって
偏った食事になってしまう人がよく飲んでいるのが「野菜ジュース」です。
誤解しがちなのが、野菜ジュースさえ飲んでいれば健康に必要な栄養素が
補給できているから大丈夫だと思い込んでしまうことです。

確かに野菜ジュースには不足しがちな栄養素を手軽に摂取できるので、
食事が偏り気味なサラリーマンや忙しい人には便利な食品なのは間違いありません。
しかし野菜ジュースの中には塩分が多いものや、砂糖を加えているものなど
野菜の栄養素以外に肥満に直結するような成分を加えているものもあります。

最近ではそういった商品も減ってきましたが、しっかりと確認しないと
栄養補給のつもりで飲んでいるのに逆効果になることもあります。
加えて、野菜ジュースはあくまでも栄養補給の補助的な食品ですから、
それだけで健康を維持できると考えるのは間違いです。

野菜ジュース=野菜という方程式は成り立ちません。
野菜ジュースは飲むものであり、噛む行為をしませんから
唾液の分泌は少なく満腹感を得られず逆に食べ過ぎてしまうこともあります。
一番いいのは実際の野菜を食事で食べることです。

野菜ジュースを食事前に飲むことで血糖値を抑える働きがあるとも言われていますので、
上手に活用することで健康維持に役立ちます。
問題なのはそれだけ飲んでいれば大丈夫だと過信することにあります。


主人在宅ストレス症候群とは

2017-11-26 18:04:05 | 日記

主人在宅ストレス症候群という病気があることを知っていますでしょうか。
これは働きに出ていた主人が定年退職などで1日中家にいることで、
妻がストレスに感じてしまい心身に不調をきたして様々な症状が出てしまう病気です。
夫源病とも言われており、夫が家にいることで発症してしまいます。

つまり普段は家にいない夫が家にいることで、妻が夫から家事や家のことについて
アレコレと言われることに端を発することが多いようです。
夫からすれば文句を言っているわけではなく、ちょっと気になる所を指摘している
という認識かもしれませんが、長年にわたって自分の領域としてやってきた
妻からすると今更何を言ってるの?余計な事は言わないでよ。となるわけです。

それで夫婦喧嘩になることもあるでしょうし、ストレスとなって不仲になると
熟年離婚という不幸な結末を迎えることもあります。
主人在宅ストレス症候群の症状は以下のようなものがあります。

・気分がどんよりして冴えない
・イライラ感
・高血圧
・頭痛、肩こり
・動機、息切れ、息苦しさ
・消化器官の不調
・下痢、便秘、下腹部の張りなど

この主人在宅ストレス症候群を発症させないために必要なことは、いきなり夫が
家にいる日が始まらないように予行演習もかねて、少しずつ夫が家にいる時間を
増やすことが考えられます。
あとは、お互いにお互いを尊重し合えるように、パーソナルスペースの確保と
家事や家のことに関する指摘については事前に話し合っておくことが重要になります。
問題は夫が邪魔という思考にならないことです、お互い不幸にしかなりません。


11月から注意したい感染症

2017-10-28 14:43:55 | 日記

10月なのに11月並みの寒さが続いていますが、10月から11月にかけて
注意しない感染症は沢山あります。
どのような感染症があるのか、流行時期はいつごろからなのかを見てみましょう。

1.ノロウイルス
11月から西日本を中心に感染者が急増する傾向にあります。
ウイルスに汚染された食品が感染源となることが多く、経口感染で広がります。
感染すると潜伏期間1~2日を経過したあと、おう吐、下痢などが起こります。
重症化することは殆どありませんが、症状は長いと数日は続きます。
家族感染する可能性が高く、吐しゃ物などが付着したホコリなどが、
感染源となるケースが多く見られます。

2.RSウイルス
既に流行期に入っており、11月以降も注意が必要な感染症です。
潜伏期間は1週間前後で、4~6日程度で発症し、咳を伴う風邪に似た症状が出ます。
重症化すると、呼吸器系の症状が重くなります。
特に生後まもない赤ちゃんが感染すると肺炎など重症化するケースがあります。
飛沫感染、接触感染に要注意です。

3.溶連菌感染症
12月まで流行期が続きます、学童の感染が最も多く成人で発症するのは稀です。
数日の潜伏期のあと、38度以上の突発性発熱があります。
倦怠感、喉の痛み、おう吐、いちご舌などの症状が出ます。
重症化すると全身に赤い発疹が出ることもあり、飛沫感染、接触感染に注意が必要です。

4.インフルエンザ
11月ごろより増加し、流行期へと突入していきます。
10月から予防接種が始まりますので、早めの接種を行うと重症化を避けられます。
法定伝染病に指定されており、数日間の潜伏期のあと突発的に高熱が出ます。
また頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛、咳、鼻水などの症状を併発します。
風邪の症状に似ていますが、風邪よりも全身症状が強く、くしゃみ、咳などからの
飛沫感染や接触感染で広がって行きます。


天気痛は気のせいではない

2017-10-28 14:24:48 | 日記

よく雨が降ると頭が痛くなるとか、古傷が疼く、体調がよくないなど
天候の変化で身体の調子が悪くなると言われます。
こういう話をすると「気の持ちよう」だとか「気のせい」のように、
精神論を振りかざしてくる人が多くいます。

しかし天候の変化による体の異常は、気のせいではありません。
気圧が変化することによる人体への影響は無視できないレベルにあります。
雨が降るとなれば気圧が下がりますし、晴れになれば気圧が上がります。
気圧が下がっても上がっても、どちらでも体調の変化を訴える人はいるのです。

天気痛の症状は人によって様々ですが、代表的なのは頭痛です。
前頭部、こめかみなどが激しく痛むのが偏頭痛で、全体的に締め付けるような
痛みを感じる人もいます。
頭痛によって眩暈がしたり、首や肩まで痛くなったりコリが激しくなることもあります。

体調が変化しない人からすれば「雨が降ってるからって体調が悪いとか、気のせいでしょ」
と思ってしまうものですが、それは大きな間違いです。
どうして仮病を使う必要があるのでしょうか、実際に頭が痛いのに「気の持ちよう」などと
言われることは、痛みを感じている人からすれば「何もわかってない癖に、偉そうに」と
うらみ節も言いたくなるものです。

しかも天気痛は自分で予防したり改善するのが非常に難しいと言われています。
天気痛を回避するための方法などはいくつかありますが、効果があるかどうかは
個人差が激しいので「精神論」で片付けられることは「痛み」以上に堪えがたいものなのです。


食べないダイエットは不健康ダイエット

2017-09-30 00:34:46 | 日記

肥満は生活習慣病の原因になるとも言われており、
健康を維持するためには適正体重、体脂肪率が重要だとされています。
そのためダイエットに励む人が増えているわけですが、中には無理やり痩せるために
食べないダイエットをしている人がいます。

女性の場合は昔からこの食べないダイエットが問題視されてきましたが、
最近では男性も食べないダイエットをする人が出てきたのです。
男性の場合は基礎代謝が女性よりも高いため、食べなければかなりのスピードで
体重が落ちていくと言われています。

食べないダイエットは体重を落とすと言う意味では効率的なのかもしれませんが、
それは健康的なダイエットではなく不健康なダイエットだと言えます。
食事を抜くということは、生命を維持するために必要な栄養素を摂取しない
ということになりますので、緩やかな死を意味しているとも言えます。

食べないことで体重が減少しても、それは単にやつれただけのことで
脂肪だけでなく筋肉量も低下しているのは間違いありません。
内臓や血管に負担がかかり、体重が落ちているのに血圧が高いなど
生活習慣病を発症するリスクを逆に高めてしまいます。

ダイエットはバランスの良い食事を3食決まった時間に食べて、しっかりと
運動してカロリーを消費しつつ良い睡眠をとることが大事なのです。
つまり規則正しい生活をしていれば、肥満は必然的に解消していくのです。
多少の時間はかかるかもしれませんが、体に負担をかけない良いダイエット法です。

世の中にある様々なダイエット法は、何かしら体に負担をかけてしまいます。
そんなダイエットでは簡単にリバウンドしますし、何より健康を維持できなくなります。


一番風呂が健康に良くない理由

2017-09-30 00:32:47 | 日記

一番風呂に入るのが好きだと言う人はかなり多いのではないでしょうか。
しかし昔から一番風呂に入ると寿命が縮まるとか、肌に良くないとか言いますよね。
それにはちゃんとした理由があるのです。

一番風呂は誰も入っていないお湯のことで水道水を温めただけの状態ですから、
成分的には水道水と同じです。
日本の水道水はミネラルが少なく、分かりやすくいうと「薄い水」なのです。
それに対して人間の体に含まれる水分には様々な成分が含まれています。
それは血液だけでなく皮膚の細胞なども同じで、皮脂や汗、角質なども含まれます。

薄い水に濃い水を含んだ状態で入ると、浸透圧の関係で皮脂や汗、角質に含まれる
様々なミネラルなどの成分がお湯に溶け込んでいきます。
溶け込んだ分だけお湯の濃度は濃くなるわけですが、この溶ける度合いが一番風呂は
最も高いと言われています。

一番風呂によって濃度が濃くなったお湯に二番風呂として入っても、
一番風呂のように皮膚から成分が溶け出すことはありません。
このことが一番風呂は健康に良くないとされている理由です。
実際に一番風呂と二番風呂に入った人の皮膚を確かめたところ、皮膚のキメが
一番風呂の人は乱れていたのです。
逆に二番風呂の人はキメが整っていてふっくらしていました。

たかがお風呂だと思うかもしれませんが、肌の状態を健康に保つためには
侮れない現象だと言えます。
しかし一人暮らしだと常に一番風呂になってしまいます、そんな時は入浴剤を
使うと皮膚から成分が溶け出すことを防ぐことができます。


首都圏で手足口病拡大中

2017-08-02 22:38:55 | 日記

首都圏で手足口病が急速に拡大しているようです。
東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県などで患者数の報告が増えています。
手足口病はウィルス性の感染症なので手洗いの徹底や乳幼児の排泄物を、
適切に処置することが重要になります。

症状は水泡性の発疹が主で、毎年夏になると乳幼児を中心に流行しますが、
今年はその数が非常に多い状況が続いています。
症状が出た乳幼児に触れることでも感染するので、兄弟姉妹がいると
連続して発症することが多く見られます。

特にこの時期はプールや海水浴などのイベントに参加することも多くなるので、
感染ルートが爆発的に増える時期でもあります。
気を付けていても感染発症するケースもありますので、症状が出たと思ったら
早目に医療機関を受診することが大事です。

今は首都圏だけですが、都市部では同じようなことが起こり得るので
首都圏以外でも注意しなければなりません。
手足口病はもちろんですが、夏場に風邪を引いてしまうと長引くこともあるので
健康管理は子供だけでなく大人も含めて十分対策しましょう。

このように例年感染が認められる手足口病ですが、拡大していることを
ニュースなどが報道するという事はかなりの件数が認められていることになります。
自分は大丈夫だと思わないで、油断しないようにしましょう。
大人が手足口病になると重症化しやすいとも言われており、40度以上の熱が出たり
激しいのどの痛みを訴えることもあります。


平均寿命が過去最高を更新

2017-08-02 22:38:12 | 日記

日本人は世界的に見ても長寿国だと言われていますが、2016年の平均寿命が厚生労働省から
発表がありましたが、男女ともに過去最高の2015年を上回る結果となりました。
男性:80.98年、女性:87.14年となっています。
寿命が延びた要因としては、高齢になる前にガンで亡くなっていた人が
医療技術によって減少したことが挙げられていました。

男女で比べてみるとやはり女性の方が7年弱も長生きしていることがわかります。
平均寿命なので実際にはもっと長生きしている人が沢山いることになります。
そう考えると凄い国になったなという感じがしますね。

寿命が延びることは人として見た場合には人生が長くなると言う意味においては、
素晴らしいことだと思います。
できるだけ長生きしたいと思ってる人が殆どでしょうから、長寿でいたいものでしょう。

反面、医療費や年金という面でみると財政を圧迫するのは間違いありません。
年金などは既に破たん寸前とも言われていて、若い世代などは年金なんてもらえないと
言い切る人もかなりの割合でいます。
貰えたとして何歳からもらえるのか、もらえる前に死んでしまうのではないか?という不安ですね。

かといって70歳になっても働くのかというと、それはちょっと避けたいですよね。
働くことに何か生きがいのようなものを持っている人で、70歳近くなっても意欲的に
結果を残せるなら別なのでしょうが、そのような人の割合はかなり低いのが現実です。

平均寿命が延びることは素晴らしいことです。
だからこそ、しっかりとそれに対応できるような対策を取ることが大事でしょう。