遠野ごたく帳

田舎暮らしの何気ない日常を届けます

夏の焼石岳 前編

2019-07-25 22:04:03 | 山登り&スキー&温泉

7月21日(日)

2012年9月以来なので7年ぶり2回目の焼石岳登山に行って来ました。

7年前は距離が短い中沼コースが閉鎖中だったので、つぶ沼コース(往復約17Km)を

登ったのですが、今回もあえて距離が長いつぶ沼コースを選択しました。

 

つぶ沼コース入口はつぶ沼駐車場から約100mの国道397号線脇。8時20分出発。

  

薄暗い林の中を歩いていると最初の標識。

まだ400mかあー。銀明水(水場・避難小屋)までまだ5.5Kmもあるよ。

 

登山道脇にはエゾアジサイが多く咲いていた。

 

空模様はあまり良くない。時々パラパラと雨も降って来た。

でも下ってきた登山者が山頂は晴れていると言っていたのでちょっと安堵。

 

木に繋いだロープを頼りにこの残雪を乗り越えました。

帰りは滑って転びましたが…

 

分岐点に到着。

 

分岐点の中沼コース側はミズバショウの群生地。


ミズバショウの脇にはリュウキンカもたくさん咲いていた。

 


ヒオウギアヤメ

 

ようやく銀明水到着。

 

ここの水は冷たくて超美味しい!

 

熊さんの落とし物。

 

ハクサンチドリ

 

またまた登山道に残雪。


でもありがたいことにスコップで雪を階段状にしている人がいて

もうちょっとで完成するところでした。

この雪の階段がなかったら滑落必至ですね。

 

イワカガミ

 

シャクナゲが登山道の真ん中に。

 

ハクサンフウロ(左)と右の花は?

 

ウサギギク

 

この岩場を登れば多少楽になるはず。

 

平坦になりました。地名に平が付いていますからね。

 

タチギボウシ

 

大きな山影が見えてきた。でもこちらは横岳。

 

ガスの向こうに薄っすらと見える山影が焼石岳。

横岳は焼石岳の横にあるから横岳なんでしょうね。 

 

山頂まであと900m。後編につづく…

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 連休は津軽へ | トップ | 夏の焼石岳 後編 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とらねこ)
2019-07-26 20:59:38
流石ですね。
そこに山があっても登らないタイプですし、笛吹さんも同意見かと思います・・・笑
高山はまだ春という状態なのかな?
でも趣味としては素晴らしいと思いますよ、付き合いはしませんが、いずれ流石ということは思います。
前編 (笛吹)
2019-07-27 09:48:29
好きな山登りが話題だと前編後編のシリーズになるんですね~!笑
とらねこさん同様に、そこに山があっても登らないタイプの笛吹です。

今年は何かと津軽行の回数が増えそうですが、義理の息子のお勤めを果たして下さい。お大事に。
快感 (姫猫)
2019-07-28 06:22:39
とらねこさん
山登り、付き合ってと言っても絶対付き合わないと思うので何も言いません(笑)
でもとらねこさんはウォーキングの延長だと思えば大丈夫だと思いますよ。気持ちいいですよ。
今のところ (姫猫)
2019-07-28 06:37:34
笛吹さん
写真が30枚以上になってしまったので、しかたなくの前後編です。
笛吹さんは祭りを追っかけ、里山を走り回っているので山登りしなくても十分ではないでしょうか?
津軽行き、今のところ今までよりちょっと多い位だと思っています。

コメントを投稿