何スか、honey?

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ホームセンターにて

2017-02-25 23:15:51 | 日記



本来なら戸外用だけど、部屋の中で組み立てて
中に子猫放牧すれば猫の毛飛び散らなくてイイじゃーん、とか思った自分…

いやいやいや、部屋の中に置けないくらいでかいからーorz
店内が広々しているためか大きな商品でも錯覚してしまいます

今日やってきたのはコレ


最近、ケージの掃除するのにかがみこむのがツラい
ので農作業用の車輪付きイス(?

試してみたけどやや低めで立ち上がるときがツラい

今はケージの下に


入れてアゲ底にて対応

でもお掃除のとき動かしにくくなるのでイマイチ…

コメント

タイトルを入力してください

2017-02-24 11:50:40 | 日記




柴田よしき「正太郎」くんシリーズ
ニャンコが主人公で物語の語り手でもあるタイプの
ミステリは数あれど、チョー好き !
男のコっぽく小生意気なところがカワイイ〜
(次点はリタ・メイ・ブラウン、ミセス・マーフィーシリーズ)

長らく新作リリースが無かったので
もうおしまいなのかな?と思っていたのだけれど
去年の11月頃に出てました orz

いつも行く書店が閉店してしまって、
駅近くの書店は移転、
イオンモールの中の書店は品揃えがもの足りない
本屋めぐりやらなくなって1年半たつかなぁ
出版不況は読者にも不利益〜〜

この本は短編集で3作品入っているけど
実は今回、正太郎くんが語り手なのはラストの1作品のみ、表題作は正太郎くんの同居人、ミステリ作家の桜川ひとみ先生の昨今の出版業界への嘆きが重い〜
フィクションの人物とはいえ声援送りたくなるほど…
彼女にはしあわせになってもらいたいです〜

そーいえばAmazonのレビューで
『字組や行間が広くなってて…』とかあった
でもハルキ文庫とかもそうなってるョ

いまや本買うのは中高年層のみになってきてて
客層にあわせた商品を出しているってことでは ?
たしかに目が疲れなくてラク
私も立派に中年だワ〜orz


コメント

ゲットだぜ!

2017-02-23 21:56:03 | 日記

出版:エクスナレッジ
「建築知識」1月号



本屋に買いに行った時にはすでに2月号が出ていて
1月号は手に入らなかったんです〜

「本」の販売って他と違ったシステムで
キホン、売れ残った本は問屋さんに返されますので
(スーパーのキャベツとかは売れ残っても問屋さんに返すことはないですもんね)
運の強い「本」は「B」のスタンプ押されて別な流通に乗りますが大半の本は裁断されてしまいます

のでお取り寄せ受付カウンタに急行 !

運よく問屋さんに戻ったところで押さえることができました〜

建築の本なのになぜか
猫にはNGな食べ物とか植物(←これはわかる、観葉植物は危険なものが多いので)の記事まであり、
この号だけは売り場のジャンルを越えて
ペットのコーナーにも置けばもっと売れたと思います〜(たぶんやった本屋さんもあると思うけど)

もちろん猫の習性にあわせた造作アレコレ載ってて
楽しい&勉強になります

建築のプロや建築学科の学生たちだけで見るのは
もったいない〜
図書館とかに置いてあったら、ぜひ !
コメント