中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

蘇州 夜の大陽山植物園

2020-07-23 00:07:23 | <蘇州>観光

最近車を全く動かしていなかったので、少しだけ距離のある所にでもと、

久しぶりに大陽山植物園に行ってきました。

 

 

先週末から大陽山植物園では星亮夜灯光祭が始まりました。

今は22時過ぎまで営業しています。

 

まだ有軌電車1号線が開通していない頃の大陽山植物園の過去記事はこちら

蘇州 大陽山植物園

 

 

実は、星亮夜灯光祭なるものについては全く知りませんでした。

LEDを付けた置物や、藤棚などに電飾の飾りつけをしているのを見かけたので、

保安員にこれは何をしているの?と聞いたら、今日から夜も営業するよと教えてくれました。

 

 

夜は22時15分までやっているとのことだったので、

夕食と所用を済ませてから、もう一度出かけてみることに。

 

 

星亮夜灯光祭は休閑カードが使えません。

入園料は30元ですが、事前にネットで買うと19.9元で、Ctripなどからも購入できます。

そんなことも知らずに行ったので、30元の入場券を買って入りました。

 

 

着いたのは21時前ぐらいでしたが、写真を撮って帰るぐらいなら1時間もあれば十分。

今日はもう2回目ですから。。

 

 

少し雨が降ったのですが、濡れると光が地面にも映るのでそれはそれでOK。

 

 

昼間の温室はこんな感じですが、

 

 

ライトアップされた温室は、ちょっとジュラシックパークっぽい。。気がします。

光の色は定期的に変わります。

 

 

そんなに大掛かりな電飾はありませんが藤棚の通りの明かりもこんな感じに、

 

 

数色の組み合わせで変化します。

 

 

と、ほぼ一通り近くまで見たところで、屋外電飾が予想外の消灯。。

時計を見るとまだ21時半、入ってからまだ30分少々。

従業員が早く帰りたいから切ったのか、トラブルか、まあ前者なのでしょうけど。

22時過ぎまでやっていると聞いたから入ったのに、

さすがにこれは酷いと思ったので入り口の事務所に行ってクレームを。

みなさんあちらこちらに連絡して対応方法を協議中。。

 

 

結局再点灯もできず、後日返金ということになりました。(翌日返金されました)

帰ってから百度で調べてみたのですが星亮夜灯光祭の記事は2016年のものばかり、

今年どころかここ数年の記事も見当たりません。

行ってなければこのイベントのことはきっと知らないままだったと思います。

 

 

大陽山植物園の最寄駅は有軌電車1号線の陽山南駅です。

新区の獅山駅方面の終電時刻は22:03なので、少し早めに行って帰れば公共交通利用でも大丈夫です。

(終電時刻は変わることがありますので事前に確認して下さい)

早めに行けば、途中で電気を消されてしまうトラブルもないかと思いますので。。

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 上海 地下鉄16号線で滴水湖へ | トップ | 上海 徐家匯にLOFT中国... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
返金 (tango)
2020-07-24 11:02:59
???
中国でも良心的に返金してくれるのですね?
私は何事も信用していない?叱られますね
マレーシアで買いました金のレックレスは(22金9は当時14万円、今ではグラム7000円で37グラム
鑑定して間違えではなかったです~~
孫姫のために置いておきます
中国上海の印鑑や猫目石は使い物になりません?
ネックレスも・・・これは社交ダンスよう・・・
今ではずいぶん品物もよくなっていると思います
日本ではコロナ騒動がますますひどく
どこにもでられませんよ!
いいなぁ、そちらは・・・・
re:返金 (delta)
2020-07-24 19:36:42
tangoさん

いえ、返ってこないんじゃないかとも思っていました。(笑)
中国でも今はSNSので何でも発信されてしまうので、
いい加減な対応はできないのかもしれません。

日本よりは少ないですが、中国でもコロナはずっと出ています。
外国から帰国した人は、入国後すぐPCR検査と2週間隔離なので、
見つかっても心配ないのですが、住民の感染も時々報告されています。
うかつに他の地域へ行くと巻き添えになる可能性もありますので、
注意が必要な状態は続いています。

幸い、私の活動範囲の上海、蘇州、長春では出ていません。
経済活動もほぼ通常に戻っています。
今日は、上海に日本の大規模雑貨店、Loftがオープンしましたよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<蘇州>観光」カテゴリの最新記事