中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

湖北省恩施 土家女児城

2019-06-06 00:06:06 | <湖北省>

土家女児城は2013年に完成した、

土家族の文化を紹介、体験する新しい観光地です。

 

 

恩施市街地の南の方にあります。

観光客を集めるのに成功したようでまだまだ拡張工事中です。

 

 

食事や買い物がメインの観光施設なので入園料は無料です。

こういう場所は好き嫌いが分かれるかと思いますが、

観光に来た感が十分味わえるかと。

 

 

土家族の街を再現した建物や通りなど、

ぶらぶらと散策するだけでも楽しめます。

 

 

民族衣装を着た男たちが担ぐ輿に乗って通りを一回りしたり、

民族衣装の貸衣装があったり、結婚写真を撮っている人もいます。

 

 

ここが最も賑わうのは夜だそうです。

夜は周辺も大渋滞になるので、タクシーの運転手はあまり近づきたくないと言っていました。

 

 

30軒以上のレストラン、もちろん土家族料理の店もあります。

40軒ほどある小吃の店など食事のできる店がたくさん。

一休みできる喫茶店などもあります。

 

 

小吃の店は午前中からから賑わっています。

内陸なのに海鮮っぽいものが多いですが食べてみる勇気はありません。

 

 

いくつかの商品は価格の上限が決められていてぼったくりを防ぐようになっています。

このような掲示は初めて見ました。

料理の値段には上限がないのと小吃の店では”時価”と書かれたものあるので、

効果は??ですが。。

 

 

宿泊施設も多く、夜はここで飲んで食べて寝て、

ということができるようになっています。

 

 

土家族の暮らしや文化を紹介する民族博物館もあります。

博物館や周辺で1日に数回歌や踊りの公演を行っています。

 

 

人が多く集まる夕方~夜にかけての公演が多いです。

女儿城大剧院という劇場もあるので、

そこでは本格的な公演が行われているのだろうと思います。

 

 

ざっと見てまわるだけなら2時間ほどで大丈夫。

市街地から近いのでタクシーや公共交通を使って行くことができます。

街中の観光は一旦ここまでにして、次は峡谷や洞窟など自然の景色を楽しみに出かけてみました。

恩施の旅はまだまだ続きます。

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 湖北省恩施 土家族郷土料理... | トップ | 湖北省恩施 利川騰龍洞風景区 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (tango)
2019-06-07 13:20:12
良い旅をされていますね
私は見るのは好きですよ
食べるのはダメ・・・サソリの天ぷらが思い出されます。どこだったかしら?
旅行団体で市場を回っているとき、ガイドさんから
あなたの後ろをすりがついて回っていましたよ?と
いわれたことがあります
西安の観光の時、白族の街ではきょろきょろしないでくださいと言われ、必死ではぐれないように
して回りました
その点、日本は一人旅でもまぁ安心ですからね?
またまた弾丸ツアーと日程表を見たり・・・
どう思っても今は出かけられない・
今日もパンフレットでみやまの古いかやぶきの
里を見たいと電話をすると、人数がそろわなくて
観光中止とか・・・
本当は長崎も行きたいのですが。。。売り出しの
準備・孫もりの予定??
私の予定は一番最後・・?
deltaさまはおひとりで優雅ですね?
旅の続きを楽しみにしております(^^♪
明日は久しぶりに踊りに生徒さんを連れていき
私も優雅な時間を楽しみます

re:旅 (delta)
2019-06-07 22:20:49
tangoさん

仕事抜きで泊まりででかけたのは久しぶりでした。
でも、1人で気ままにでかけたり、仲間とでかけたりと
中国の生活をできるだけ楽しもうと思っています。

観光地や街中、いろいろと気をつけなければならないことはまだまだあります。
でも、以前よりはずっとましになっていますよ。

サソリ。。
きっと北京の王府井ですね。
王府井もずいぶん変わりました。
でも、まだサソリは売ってます。

長崎は行ったのはもう30年ぐらい前。。
日本国内も行ってみたい所、もう一度行ってみたい場所、たくさんあります。

tangoさんにはやっぱりダンス。
楽しんでいらして下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<湖北省>」カテゴリの最新記事