中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

上海 古猗園(gu yi yuan)

2020-08-06 00:08:08 | <上海>観光

古猗園は嘉定区の南翔鎮にある明代に造られた庭園で、

上海五大古典園林のひとつです。

 

 

上海五大古典園林とは、日本人にもお馴染みの豫園と、

酔白池、曲水園、秋霞園、ここ古猗園になります。

 

 

蘇州の園林と同様、江南の庭園らしい池を中心に配置された、

回廊や橋、明清代の建物などの景色が楽しめます。

 

 

明代には猗園と呼ばれていました。

中国最古の詩集、 詩経の中にある一節、緑竹猗猗から名付けられたと言われています。

 

 

名前の由来通り庭園には数か所に竹林が造られており、

竹の種類も豊富で80種ほどあるそうです。

 

 

竹林があると真夏でも涼しげな感じがします。

 

 

時代ごとに何度も持ち主が変わり増改築が繰り返されてきました。

現在の庭園の姿は清代にほぼ完成したようです。

 

 

園内は、逸野堂景区、戯鵝池景区、松鶴園景区、青清園景区、

鴛鴦湖景区、南翔壁景区に分かれています。

 

 

分かれていると言ってもぶらぶら散策しているだけだと、

どれがどれなのか分かりませんが。。

 

 

最近でもまだ増改築されているようで、

古いものから新しいものまで見所はたくさんあります。

 

 

古猗園の最寄駅は地下鉄11号線の南翔駅です。

駅から古猗園を通るバスも出ていますが、歩いても15分~20分ぐらいの距離です。

 

 

園内では季節に合わせて催し物があるようで、

春は牡丹、夏は蓮、秋は上海民族祭り、冬は新春園遊会と、四季を通じて楽しめます。

 

 

今年は鼠年なので、芝生の広場や周辺には、いかにも中国っぽい鼠がいっぱい。。

 

 

間違いなく最近造られたと思われる銅像が。

この人は豫園で有名な南翔小龍包の元祖、黄明賢さんです。

ここ南翔は小龍包発祥の地です。

 

 

南翔は上海の中では歴史のある街です。

せっかく南翔に来たのなら、お散歩と小籠包を食べて帰るのが定番?です。

古猗園路には元祖をはじめ老舗の小籠包屋さんが並んでいますが、

散歩をかねて南翔老街まで行ってから小籠包を食べることにしました。

 

南翔老街編に続きます。

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 上海 徐家匯にLOFT中国... | トップ | 上海 南翔老街 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
竹林 (tango)
2020-08-08 06:23:51
いい公園ですね
ゆっくり回りますと落ち着いて静かで人も少なく
心が癒されそう・・・
置物はちょっと・・?魅力を感じません
それにしても中国独特の広い公園はお金のゆとり
土地の広さのゆとり・・人を働かせるための公園つくり・・・?
通路の丸い窓・・独特ですね!
楽しい散歩道にあこがれのため息・・・
小龍包発祥の地・・・
そうなんですか・・
四季を通じて・・・いいですね~~
re:竹林 (delta)
2020-08-08 11:36:52
tangoさん

古猗園は上海では数少ない古い庭園のひとつです。
結構広くて、竹林をはじめ池や建物もありますので、
のんびり楽しめる場所だと思います。
近くに美味しい小籠包もありますよ。

日本も暑くなりましたが、上海、蘇州も猛暑日が続いています。
最高気温も37度。。もうすぐ40度近い日もあるかと。。

古猗園のように竹林のある庭園は風が吹くと夏でもちょっと涼しいです。
素敵な竹林 (たかさん)
2020-08-09 15:33:56
竹林が素敵ですね。ゆっくり散歩してリフレッシュできそうですね。上海にはもう半年近く行けていません。また早くいきたいです。
re:素敵な竹林 (delta)
2020-08-09 17:45:45
たかさん さん

古猗園はそんなに人も多くないのでのんびり散策できますよ。

中国国内から上海への移動であれば、今は通常時と大差ありません。
どちらかと言えば、上海は経済活動を優先しているので、
地下鉄、バスなどの公共交通の利用も面倒な健康码の提示も不要です。

日本から中国に来るのはまだまだ大変ですね。
最近は諸条件がクリアできればビザ発給されますが、
飛行機がキャンセル待ち状態&チケットが超高価状態ですね。
逆に私はいつ日本に戻れるか分かりません。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<上海>観光」カテゴリの最新記事