中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

上海 牛New寿喜焼

2018-08-02 01:02:30 | <上海>食事・喫茶

淮海755の3階にある日式すき焼きと鍋料理の店、

牛New寿喜焼に行ってみました。

 

 

名前からして、たぶん同じビルの4階にある日式焼肉の店、

牛小新焼肉屋と経営は同じじゃないかなぁと思います。

メニューはセットから選ぶのが基本のようです。

何種類かの鍋とすき焼きのセットがあります。

ランチの時間帯なら、1人前で138元からです。

 

 

すき焼きでも鍋でも選べる具材は同じです。

どちらも食べ放題形式で、何をどれだけ選んでも値段は変わりません。

 

 

すき焼きなんてずっと食べてなかったので、

基本セット+ちょっといい肉も選べるみたいなものをチョイス。

実際には”ちょっといい肉”もそんなに期待するほどのものではなく、

余計な選択だった感があります。。

 

 

関西風のすき焼きだよ、という丁寧なご説明書きが。

 

 

すき焼きの場合、店員さんが作ってくれます。

実習中の名札を付けた男の子だったけど。。

最初に牛脂を溶かして、

 

 

あら、玉ねぎを投入しますか。。

半生のうちにもう肉投入? で、油多いよ。

 

 

やらせておくと、ずーーっと続けそうな雰囲気だし、

油で茹でたような肉を食わされ続けるのも嫌だったので、

2回ほどやって頂いて、お引き取り願いました。

 

 

上手く作れればそれなりにすき焼きを楽しむことができるかもしれません。

卵も生で食べても大丈夫なものを出してくれます。

卵、おかわりしちゃいました。

 

 

悪乗りして海鮮系も。

 

 

作ってみたけど、合わないかな。

海鮮炒めというか、オイルフォンデュみたいなことに。。

 

 

値段が手頃なせいか、こちらの店は平日の昼でも待たないと入れません。

ものすごくすき焼き押しの店なのですが、

周りを見渡してもすき焼きを食べているテーブルはありませんでした。

中国の方にはすき焼きは、まだまだ馴染みがないのかもしれません。

実際、メニューを見ても普通の鍋に入れる具材の方が充実している感じです。

 

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 長春 新ルールでビザ更新 ... | トップ | 中国の乾燥機 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すき焼き (tango)
2018-08-04 17:57:06
一瞬日本風・・・??
でも水びたし・・あぶらびっちり?
やはり私はダメだなぁ~~~
今年は日本からも中国や東南アジアに旅する方が
多いように言われています<お盆>
娘婿がポーランドとロンドン出張で明日には戻ってきます。羨ましい~~
私は本当にいつになったら出かけることが出来るのかしら~~~
北九州でもデパート<井筒屋>の閉店のニュースが飛び込んで来たり、、
とんでもないことが起きます
西日本で画材店は当店だけが2店舗ですから
この際、小倉1店舗にして自由が欲しいです
遊ぶのに、体力が必要ですから今遊ばないと・・
   今でしょ~~
林修さんの言葉ではないですけれど、今しないと
何もできなくなります
ダンスも生徒さんには来年3月に辞めますと
はっきり言いましたよ~~
忙しすぎる私です(^_-)-☆
いいなぁ~^あちらこちらで楽しまれて。。。
お仕事の合間に行かれているのでしょうが
<叱られますね?>。。。ごめんなさい~~~
re:すき焼き (delta)
2018-08-04 21:47:51
tangoさん

ははは~、油凄いでしょう。
一応、誤解の無いように説明しておきますが、
北京や上海などの大都市には、
日本人が経営している美味しい日本料理屋さんもあります。
私が記事にするのは、中国の方が利用する中国人経営のお店です。

tangoさんがいつ旅行に来られても食事の心配はありませんよ(笑)

中国にはお盆休みはありませんが、
日系の取引先にはお盆休みがある企業さんもあるので、
便乗してちょっと仕事をサボろうかと思ってます。

井筒屋さんのニュースはネットで見ました。
百貨店という業態そのものが非常に厳しい中、
老舗であるが故のかじ取りの難しさがあるのでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<上海>食事・喫茶」カテゴリの最新記事