中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

上海 新場古鎮

2019-07-25 00:12:34 | <上海>観光

新場古鎮は上海の浦東地区にあります。

大都会の上海ですが、少し外れるとまだこんな所が残っています。

 

 

映画の撮影場所にも使われたこともある古鎮です。

昔は石笋里と呼ばれていたそうです。

 

 

地下鉄の最寄駅は16号線の新場駅です。

ここでバスの新芦専線に乗り換えて、新場バス亭下車が行きやすいかと思います。

暇な私は東昌路渡口から沪南線に乗って行ってみました。

(区間沪南線に乗ると新場まで行きません、乗り換えが必要です)

 

 

方向を把握しておかないと、バスを降りてからどの方向に歩けばよいか悩みます。

沪南公路でも新奉公路からでも他の道からでも古鎮に入っていけます。

油断すると、帰りに全然違う場所から出てちょっと迷うかも。。

 

 

新場古鎮は千年以上の歴史があります。

石造りの護岸のうち最も古いものは元代に造られたものらしいです。

 

 

また明清代に建てられた古い住宅などが100以上残っているそうです。

古い建物は文化財に指定されています。

 

 

昔は海水を天日干しする製塩所が数多くあり塩の商売で栄えました。

 

 

白壁に黛瓦(青黒い瓦)、江南の水郷古鎮らしい建物が多いです。

“小小新場赛蘇州” 新場は蘇州に匹敵するとも言われます。

 

 

長い石畳の細い路地がいくつも続いています。

観光客で賑わっている場所には食品やお土産を売る店がたくさん。

 

 

 

基本的にどこの水郷古鎮にいってもまあ同じような雰囲気ですが、

このギザギザの屋根は蘇州では見かけないです(と思います)

 

 

どうも人が多く集中するのはごく限られた場所だけのようで、

お店が無くなるわけでもないですが、路地を少し進むだけでとても静かになります。

 

 

 

子供達が遊んでいたり、犬の散歩をしていたり、

観光客相手とは思えない八百屋や雑貨店があったり、

ここには普通の暮らしがまだまだ残っています。

 

 

 

細い路地をあちこち行ったり来たりしているうちにすっかり日も暮れてきました。

上海だと帰りの交通手段を心配する必要もないので、

軽く食事をして夜の古鎮を見てから帰ることにしました。

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 蘇州 獅山天街の南京大牌档... | トップ | 上海 新場古鎮で晩ごはん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
千年以上の歴史 (tango)
2019-07-25 08:58:45
私はこのような雰囲気が好きです
ついて歩きたいな・・・
とっても興味があります
賑やかな所でなく古い中国が好きです
日本でもそうですが人が少ないところ
自然が好きです
我儘な私に生き方に頑固な古さ<?>にあっています
すきな所を自由に回られて本当に羨ましいですよ
少し時間が取れそうかなと思えば今度は主人が
体調が悪く心臓がもともと悪く自宅療養を
しているので遠くに出かけるのが難しい
私の人生、人の為???
いつ自由になれるのかしら・・・
いいですね==deltaさま。。
前世の因縁が悪いので中国でお祓いを受けると良いかも(わらい)
re:千年以上の歴史 (delta)
2019-07-26 01:09:54
tangoさん

やっぱり?案の定?お忙しい毎日が続いていますね。
車の運転もどうぞお気をつけ下さいませ。

新場古鎮、いい感じの場所でした。
上海にいる時は大都会の真ん中で仕事だけしていることがほとんどで、
こんな場所がまだ残っていることになかなか気づきませんでした。

tangoさん、ここ上海ですよ。浦東空港に近いですよ。
弾丸トラベル可能かもしれません(笑)
お祓いできるかどうか分かりませんが是非遊びに来てみて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<上海>観光」カテゴリの最新記事