中国でのいろいろ

中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。

蘇州 碑刻博物館

2018-06-07 00:10:00 | <蘇州>生活

お散歩がてらに人民路にある碑刻博物館を覗いてきました。

ここは、文廟と呼ばれる孔子を祀る廟でもあります。

 

 

場所は地下鉄4号線の三元坊と南門のちょうど中間ぐらい、滄浪亭の対面です。

入館は無料です。

 

 

博物館には展示室と回廊、中庭、明倫堂があって、

宋の時代に刻まれた貴重な天文図なども見ることができるようです。

 

 

明倫堂の中には、科挙にまつわる絵がかかれた石板が展示してあります。

 

 

工業や商業など経済関係のものや農業に関するものなど、

回廊に沿って、宋、明、清代の碑刻がずらっと並んでいます。

 

 

碑刻という言葉は日本語にあるのでしょうか。

私にとっては耳慣れない言葉ですが、展示物を見る限り、

”石(石板)に刻んだ文章など”ということなんだろうと解釈しています。

 

 

 

残念ながら、私にはこの文章を読み解く能力はありません。

なので、展示物の見学はそこそこに裏庭へ。 

 

 

ここには昔から骨董市(がらくた市)があります。

扱いがとても雑でどう見てもニセモノの骨董品ばかり。

こんなところで本当に買う人なんているんだろうか。。

 

 

竹籠や手作り玩具、アクセサリーなどは、

お年寄りが本当に自分で作って売っているものもあると思いますが、

道端で拾ってきたような本物のがらくたも並べてたりします。

 

 

この博物館が混むことはまずないので、

碑刻に興味がある方はゆっくり見学できると思います。

裏庭の骨董市は縁日みたいで、見て歩くだけでもちょっと楽しいです。

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 北京 火鍋 串串里 | トップ | 蘇州 大陽山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
骨董市(がらくた市 (tango)
2018-06-13 11:13:56
博物館よりこちらのほうがおもしろそうですね
十数年前に広州・杭州・北京に行って
猫めいしのネックレスを高く買った嫌な記憶があります。知らないとはいえ損をした記憶・・
何度か中国の旅でお土産はチョコレートを含めて
絶対買わないことにしています
ホテルでも偽ビトンを<中国ビトン>?と言って
売ってました
見て歩くのには楽しいと思います
でも、、やはり自然の景色の美しい中国が良い
西安では篆刻の古いものをたくさん見ました
ホテルの真ん前のロータリーがいまだに
記憶に残っています
しかし、街中の○○族の衣装を着た方には
要注意と言われた記憶があります
ずっと昔の話ですからね~~~
公園で社交ダンスを踊っているのを見ました
いい思い出は遠くになりにけり!
re:骨董市(がらくた市) (delta)
2018-06-14 20:18:13
tangoさん

がらくた市、見て歩くだけでも楽しいですよ。
商売っ気がないというか、写真を撮っていても誰も何も言ってきません。
安心?してぶらぶらできます。

以前よりは少なくなりましたが、
観光地などではニセモノも堂々と売ってますね。
そういうのも含めて中国の景色なのかもしれません(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<蘇州>生活」カテゴリの最新記事