Moments musicaux

ピアニスト・指揮者、内藤 晃の最新情報です。日々、楽興の時(Moments musicaux)を生きてます。

愛聴盤ひとことレビュー(5)

2007年12月07日 | レビュー
■ブラームス:ヴァイオリンソナタ
 ヨゼフ・スーク(Vn)、ジュリアス・カッチェン(Pf)


真摯な音楽家2人が組んだ稀代のデュオの記録。きりっと洗練されたスークのヴァイオリンは慎ましくブラームスのロマンを歌い上げ、それに寄り添うカッチェンのピアノは、一見さりげなく颯爽と流れるようでいながら限りない優しさに溢れ、時折ふんわりとした光で包んでくれる。演奏者の体臭が染み込むことなく、ブラームスの書いた音楽がそのまま純粋に心に届いてくる。
ブラームスってこんなに優しい人だったのか、と認識を新たにさせられる演奏で、聴く度に心からの安らぎを覚える。とりわけカッチェンの詩的な伴奏は絶品。

Brahms: The Violin SonatasBrahms: The Violin Sonatas
Julius Katchen, Josef Suk (violinist)

Decca 2001-04-10
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
コメント (2)

愛聴盤ひとことレビュー(4)

2007年12月07日 | レビュー
■So What: The Best of Michel Petrucciani

ミシェル・ペトルチアーニ(1962-99)は、身長が伸びないハンディを抱えながら活躍し夭折したフランスのジャズピアニスト。その音楽は常に明るく前向きでセンス・キレ味抜群、無垢な音色と強靭な生命力を感じさせてくれるタッチは、リパッティを彷彿とさせるものがあり、聴く度に大きく勇気づけられる。下記のベスト盤は、ライヴ録音を中心に全盛期の代表的なナンバー・録音が収録されていて、ペトルチアーニの至芸が存分に楽しめる。
ちなみに、彼のオリジナルで特に好きなのが「Looking Up」。屈託のないスマイルで聴き手を鼓舞してくれるすばらしい音楽だ。(参考:YouTube

So What: The Best of Michel PetruccianiSo What: The Best of Michel Petrucciani
Michel Petrucciani

Dreyfus 2004-06-08
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント