民話 語り手と聞き手が紡ぎあげる世界

語り手のわたしと聞き手のあなたが
一緒の時間、空間を過ごす。まさに一期一会。

「クリスマス朗読会」のゲネプロ

2019年12月12日 23時09分44秒 | 身辺雑記
12月12日(木)
この日は12月15日(日)にやる「クリスマス朗読会」のゲネプロ。
10時から本番と同じ「とちぎ福祉プラザ」で。
午前中はマイク調整、音楽、照明の確認など出演の順番にダイジェストで進行。
40人くらいいる女性の中で男はオレひとり。
オレがこんなところにいていいのかなって首をかしげてしまう。

お昼は45期のメンバーと一緒に。
今年は、去年一緒だった勉強会に抽選で落ちてしまったため、
会う機会も少なく、ひさしぶりの再会。

午後は本番を意識しての通し練習。
聴いていて、キャリアのある人が多いので、
レベルが高いなって感心する。
オレもその中にいるので、一定のレベル内にいるのだろうか。

時間をオーバーして3時30分にゲネプロ終了。
M先生の講評を聞いて解散。
コメント   この記事についてブログを書く
« Kさん宅で雷電仰の集まり | トップ | 「かがみの孤城」辻村 深月、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

身辺雑記」カテゴリの最新記事