アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(アニ感)「うたわれるもの」:第17話

2006-07-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「うたわれるもの」:第17話「幼き皇」  ゲンジマルによってハクオロが対面したのは、クンネカムンの皇であるクーヤでした。 クーヤと会話するハクオロですが、相も変わらず説明なしの用語の嵐。 「ウィツァルネミテア」とか「ヌヴィソムカミ」とかいきなり言われて、原作を知らない人は分かるのでしょうか? つーか、前回ハクオロが追いかけてきたカミュはどうなった?  翌日、グラァとドリィのお酌で調子に乗って飲 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(アニ感)「School Rumble 二学期」:#17

2006-07-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「School Rumble 二学期」:#17「…愛理の逃避行 …播磨のララバイ …偽りの花嫁」  執事のナカムラから逃げる愛理と播磨ですが、途中で天満の乗った車とすれ違ってビックリ仰天。 追いかけようとする愛理と播磨ですが、この時のリアクションを見て愛理は播磨に気付かなかったのでしょうか? まあ、あまりの驚きで気が動転していたため気付かなかったのでしょう。 つーか、そんな一方でナカムラは麻生と . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「ARIA The NATURAL」:第18話

2006-07-31 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ARIA The NATURAL」:第18話「その 新しい自分に…」  オープニングテーマ曲が「ユーフォリア」に戻りました。 やはり、「ウンディーネ」は前回と前々回だけだったようですね(^_^)  この前、コミックの感想で単行本第7巻の感想を書き、その中で藍華の髪型が変わってビックリしたと書きましたが、今回の放送はそのエピソードでまたまたビックリしました(^_^;) 原作とアニメはエピソード . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(ゲーム)「デジモンストーリー」攻略記(その5)。

2006-07-31 23:59:59 | ゲーム
 「デジモンストーリー」、ペースは遅いですが、順調に進行中です。 バッドテイマーズのボスとスーツェーモンを倒し、プラチナテイマーになりました。 あとは、バトルアリーナで勝って、最終決戦(VSクロノモン戦)ですね。 現在は「おねがいクエスト」を進めています。 なかなかクエストの発生条件が(お願いしてくるデジモンの面で)達成できなくて厳しいです。 つーか、普通にブイモンとかヌメモンとか自力じゃ手に入ら . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「エンジェル・ハート」:第40話

2006-07-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「エンジェル・ハート」:第40話「ミキの隠された秘密」  ホテルから消えたジョイ・ロウを探しに外に出る香瑩とチャンですが、外には冴子が仁王立ちしていました(笑) どうやら、一連のジョイに関連した騒動を全てチャンによるプロモーションだと思っているようです。 しかも、その場で襲撃にあってもその考えを変えません。 おいおい冴子(^_^;) 何だか見事に空回りしている冴子です。 しかし、ここでも冴子は香 . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「COYOTE RAGTIME SHOW」:第四話

2006-07-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「COYOTE RAGTIME SHOW」:第四話「過ぎ去りし日々」  フランカのペンダントに隠されたブルースの宝へとつながる情報。 それは、かつてブルースが中央銀行から大金を強奪した時の一部始終を収めた彼の義眼のチップでした。 今回はそれを再生する事で語られた、海賊王ブルースの回想でした。  ブルースは中央銀行から金を強奪するため、実在しない人物を作り出し、その人物として中央銀行に就職して働 . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「ひぐらしのなく頃に」:目明し編 其の弐

2006-07-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ひぐらしのなく頃に」:目明し編 其の弐「ケジメ」  悟史と電話で仲直りをし、彼に妹の沙都子を「綿流し」の祭りに連れて行ってもらえるように頼まれる詩音。 ですが、祭りの日に悟史と沙都子の叔母が殺されるという事件が発生。 詩音は何となく悟史が叔母を殺したのではないかと予感するのですが、まあ電話での悟史の言葉や以前に会った時の悟史と沙都子の焦燥した状態から考えれば、当然の推察ですね。  詩音は悟史 . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「となグラ!」:KURASHI 4

2006-07-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「となグラ!」:KURASHI 4「にゃあー(´・‘ω´・‘)」  まりえの事を気に入り、彼女を付け回すニーナ。 朝、有坂家と神楽家の前で出会った時からそうでしたが、休み時間になるたびにも2人のいたちごっこが始まります。 まりえはそんなニーナに引き気味。 というか、むしろ嫌がってますよ? ニーナさんはそれにお気付きになられないのでしょうか?(笑)  しかし、そんなまりえにも弱点が! 彼女は猫が . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「貧乏姉妹物語」:第4話

2006-07-29 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「貧乏姉妹物語」:第4話「香水とあすと授業参観の日」  きょうが拾った財布。 中身はとんでもない額で、きょうもあすも色々と贅沢な妄想が頭に浮かびますが、結局警察に届ける事に。 まあ、ここでくすねたら作品の雰囲気ぶち壊しですが(^_^;)  その財布はきょうとあすの部屋のお隣さんである三枝蘭子のものでした。 サングラスをかけ、言葉遣いもどこかぶっきらぼう。 あからさまに怪しい印象の女性ですが、財 . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「BLOOD+」:Episode-37

2006-07-29 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「BLOOD+」:Episode-37「狂おしいまでに」  ハヴィアの誕生会に招待される小夜。 実際に彼女を招待したのはモニークですが、モニークがカイを意識して小夜を招待したのは明らか。 そして、小夜もそれに応じて誕生会に姿を見せます。 やっぱり、小夜は来ちゃうんですよね。 前々回にルルゥが言った「(小夜は)変わってない」というのがこんなところにも表れています。  岡村や真央もいて、小夜がプレ . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「ゼロの使い魔」:第4話

2006-07-29 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ゼロの使い魔」:第4話「メイドの危機」  シエスタが貴族の家に入る事になりました。 どうやら、貴族が個人を指定して自分の家に雇い入れるという事は、自分の妾になれという事を意味しているようです。 それを聞いた才人は激昂し、その貴族の家に乗り込むという話。 ……しかし、シエスタが才人に話していかなかったのは、他人の妾になるという事を才人に知られたくなかったからなのでしょうか?  結局、貴族の家に . . . 本文を読む
コメント

(コミ感)「ARIA」:第8巻

2006-07-29 23:59:59 | コミック感想
「ARIA」:第8巻 天野こずえ  冒頭からこの前アニメで見たばかりのゴンドラの別れ話。 個人的には色々とツッコミたい部分もあったアニメ版ですが、ゴンドラの上で「さよおならパーティー」をしたり、アリシアがアリアカンパニーに入りたてだった頃の回想シーンはアニメオリジナルだったのですね。 まあ、個人的には原作の方がすっきりとまとまっていて良いと思います。 まあ、アニメで藍華・アリス・暁の3人が登場し . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「.hack//Roots」:第17話

2006-07-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「.hack//Roots」:第17話「Painful Forest」  回復アイテムが尽きたようで、大ピンチのハセヲ。 やはり、「痛みの森」のモンスターはかなりレベルが高いようです。 窮地に陥ったハセヲを助けたのは、三郎でした。 最初はタビーに接触するように言われたものの、何故かハセヲに接触してきた三郎。 ハセヲに追いついたところを見ると、レベルはかなり高いと見ていいのでしょうか? まあ、それ . . . 本文を読む
コメント

(アニ感)「ザ・サード~蒼い瞳の少女~」:第13話

2006-07-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「ザ・サード~蒼い瞳の少女~」:第13話「砂漠の伝説」  今回は作画が酷い! 前回の次回予告からそうでしたが、キャラのイメージがずれてしまうくらいその差が目立ちました。 他のキャラもそうですが、特に火乃香とパイフウ。 ……次回は元に戻っている事を願います。  さて、どうやらボギーは少し改修が必要みたいです。 火乃香もまた、少し休めと言われてしまいます。 本人に自覚はないみたいですが、自覚がない . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(アニ感)「機神咆吼デモンベイン」:EPISODE 09

2006-07-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「機神咆吼デモンベイン」:EPISODE 09「THE HUNT」  「逆十字(アンチクロス)」の襲撃に備えるは琉璃達。 そして、その通りに「逆十字(アンチクロス)」のクラウディウスが攻めて来ます。 アルを失い、大幅に戦力がダウンしている九朗とエルザがそれに立ち向かうのですが……何と言うか……ね(^_^;) もう何回も同じ事を言っているのでまたかよって感じですけど、やっぱり尺が短すぎ。 クラウデ . . . 本文を読む
コメント