アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」:第23話「ゆがむ世界」

2015-03-20 23:59:56 | アニメ感想(各話感想)
 お守り的な物(パンツ)。

 時空融合が進行する中、アンジュやタスクは「アウローラ」に合流。
リィザは顔を合わせられないといった様子でしたが、アンジュの方には対する個人的な恨みはない模様。
そして、今度は軟禁状態にあったジルに対面し、彼女を叱咤します。
さらに、サリアの事を引き合いに出し、彼女に対する責任を取るよう宣告。
前回あれだけしょぼくれていたのが別人に思えるくらいのアンジュ節ですね(笑)

 突如、アンジュに指揮権を譲渡すると言い出すヒルダ。
アンジュは彼女が拗ねていると感じ、本音を言うよう促します。
ヒルダはアンジュへの想いを告白し、彼女はそれを受け入れ、2人はキス。
ジルといい、エンブリヲといい、この作品の司令官的立ち位置にある人はどいつもこいつもみんな女ったらしですね(笑)

 そして、ヒルダとあんな事があった直後なのに、アンジュは今度はタスクと2人の時間を過ごします。
タスクはお守り的な物を欲しますが、ここでパンツを渡すとか、体を重ねた事もあって大胆ですね(笑)

 アンジュの号令の下、いよいよアウラの最終作戦がスタート。
「アウローラ」は海中から浮上したと思いきや、今度は空に向かって飛び立ちます。
潜水艦かと思いきや、飛行艇であったでござる。
さらに、奥の手である主砲も所持しており、迎撃に出て来たエンブリヲの攻撃をアンジュが相殺した隙に発射。
どうやら、凍結させて破壊する必殺武器のようですね。

 戦いは「パラメイル」部隊同士のぶつかり合いに。
クリスにはヒルダとロザリーが対峙し、アンジュの前にはサリアが。
戦闘の最中、王宮に激突したアンジュは、城内に侵入した市民に脅されていたシルヴィアと再会。
アンジュは躊躇いなく市民の1人を射殺し、シルヴィアにも発砲。
シルヴィアは本当はすでに立てるようになっているにもかかわらず、彼女自身の精神的な弱さから歩く事が出来ずにいました。
逃げようとするシルヴィアが思わず立ち上がって走るのを見届けたアンジュは、姉として今生の別れを告げて去って行きます。
最後の最後に姉妹に戻りましたか。
そして、アンジュとサリアの戦いにジルが割って入りますが、こっちは完全に元の鞘に収まりそうですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【ノベル感想】「ラブライブ... | トップ | 【アニメ感想】「ユリ熊嵐」... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苦労するアンジュ)
2016-05-12 20:55:11
>サリアの事を引き合いに出し、彼女に対する責任を取るよう宣告。

元はと言えば、ヴィルキスの発動要件を、ちゃんとサリアに伝えてなかったジルが悪いです。
もっと早く伝えていれば、決別されることはありませんでした。
例えすぐに信じてくれなくても、何れわかって貰えることを信じて。
アンジュがヴィルキスをうまく使いこなせるばかりか、3つ目の要件を発動する姿を目の当たりにした時、今までの苦労と努力が全てムダ骨に終わってしまったと、サリアは思い込み、故に自分はもはや「無用の長物」でしかないと、卑下するしかありませんでした。
やがて、エンブリヲに拾われたのを機に、自分なら彼の役に立てると信じたサリアは、2度とアレクトラのもとには戻らないと、固く決意していたはずですから、これは「裏切り」というより、「決別」といった方が正しいと思いますね。

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事