アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(アニ感)「魔法騎士レイアース」:第26話

2009-10-28 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「魔法騎士レイアース」:第26話「魔法騎士とファーレンのアスカ」

 突如出現した巨大な龍。
それはアスカ率いるファーレンの居城である「ドーム」でした。
光達の魔神とイーグルの「FTO」が「ドーム」に向かい、アスカがそれを迎撃する形となります。

 アスカはいきなりファーレンの王家に伝わる秘術を使い、絵に描いた獅子舞を具現化。
マジックナイト達と戦闘になります。
ここでアスカのお目付け役であるチャンアンが秘術を使った事を注意していましたが、これは当然でしょう。
手の内を見せるという事は、それだけ相手に研究や考察する術を与える事に等しい。
つまり、その分色々と見破られる可能性が高いという事です。
まあ、ただ単に「いきなり攻撃を仕掛けるのは如何なものか」という意味で言ったのかもしれませんが。

 光達と獅子舞のバトルですが、光達がそう簡単に負けるわけもなく。
最後は獅子舞の放った炎がドームに当たり、自滅という形で終わりを迎えました。
まだまだアスカが未熟である事を伺わせるシーンですね。
サンユンの提言を受け、撤退するアスカ。
チャンアンの言う事は聞かないのに、サンユンの言う事は素直に聞くアスカ(笑)

 戦闘は終了。
イーグルも「戦闘データは取らせてもらった」と撤退。
やはり、自らの手の内を明かす事は相手に有利に働くという事ですね。

 さて、今回の内容を見る限り、どこ国の事も多少なりとも他国に知れ渡っているようですね。
チャンアンは「FTO」の事を知っていましたし、クレフやイーグルもアスカの妖術の事を知っていました。
事にクレフの知識に関してはどうやって手に入れた情報かは分かりませんが。
コメント   この記事についてブログを書く
« (アニ感)「真・恋姫†無双」... | トップ | (アニ感)「君に届け」:epi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事