アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【コミック感想】「もっと!ガールフレンド」

2016-09-23 23:59:58 | コミック感想
「もっと!ガールフレンド」 わた・るぅー 原作/サイバーエージェント 株式会社KADOKAWA 2016

 原作のゲームを未プレイの私にはよく分かりませんが、どうやらゲーム内で連載されたコミックをまとめたものであるようです。
全部で6つのエピソードからなり、当然のようにメインキャラは全て異なります。

 謎のすごろく大会や、屋上の給水タンクの底が抜けて直下の教室が使用不能になるなど、全体的に見てかなり突拍子のない導入が多め。
また、これまでの「ガールフレンド」の漫画はキャラごとに困難や壁に直面し、悩んだりする事もありましたが、そういうのもなし。
それらの点が相まって、お祭り的というイメージが非常に強いですね。
エピソード的にも全て1話完結型でしたし。

 キャラに関しては、よく知らないキャラもちょくちょく出て来て新鮮でした。
最初に鳴海調が出て来た時、誰かと思ったのですが、後のエピソードを見るに先生なんですね(笑)
文化祭のエピソードでは李春燕の他、反町牡丹、浮橋明日香、直江悠という他校の生徒が登場。
最後の餅つきのエピソードでは、鍋島ちよりというキャラが。
また、「ガールフレンド(♪)」でお馴染みの「鳳」の3人も登場していた事にはビックリしました。

 作画面に関して。
アップの場面は良いのですが、引きの場面では「おや?」と思う事が多かったです。
特に、モブなんかはかなり省略されているという省エネ作画。
また、メインキャラの場合でも、ギャグ寄りのテイストになると違和感のある時も……。
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】「NEW GAME!」... | トップ | 【アニメ感想&総評】「SHOW ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コミック感想」カテゴリの最新記事