アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【コミック感想】「結城友奈は勇者部所属」:第3巻

2016-10-01 23:59:56 | コミック感想
「結城友奈は勇者部所属」:第3巻 作画:娘太丸 原作/Project 2H アスキー・メディアワークス 2016

 3巻続いた「結城友奈は勇者部所属」も今回で最終巻。
今回は、勇者部として何かするというより、各メンバーの掘り下げが重点的に行われた印象です。

 まずはにぼっしーこと三好夏凜。
彼女が東郷に相談するという部分から掘り下げが。
何だかんだ言いつつ、色々な人との繋がりも増えて来たらしい事が伺えます。
同時に新たな悩みや苦しみも出来てしまったようですが、勇者部の仲間がいる以上、心細い事はないですね。
なお、夏凜に関しては後にもインフルエンザの件でまた別の掘り下げが。
これまで勇者になる事しかなかった彼女にも、友達や家族といった新しいものが出来たんですね。

 続いては犬吠埼姉妹。
身の回りの世話を姉に一任している自分がダメ人間なのではと気付いた樹が園子や夏凜に相談するというもの。
結局、園子にいいように踊らされただけでしたが、ちゃんと樹にアドバイスはしていたのはさすが。
その裏では、風も最近樹の様子がおかしいと友奈や統合に相談していました。
こちらはこちらで妹を甘やかす事が生きがいという感じのダメ人間ぶり。
最終的には多少は未来を見据えつつも元の鞘に収まりますが、ダメ人間同士、似合いの姉妹ですね(笑)

 如何にも最終巻らしく、将来についての話も。
ここでは園子について掘り下げがなされていました。
彼女はお家の役目を継ぐつもりである模様。
付き合いの長い東郷は彼女の事を心配しますが、園子的には家のお役目を継ぐのは苦ではないとの事。
彼女の器の大きさを伺える一幕でしたが、素行に癖があるため、素直に凄いとは言えない印象が(笑)
あとは、「わっしー布団」なるものの存在が明るみに出ましたが、これは私も堪能したい(笑)

 他の5人が全員インフルエンザでダウンしてしまい、友奈が1人で活動を頑張る事に。
当然、1人で出来る事には限界があり、ボロボロになりますが、学校のみんなが助けてくれます。
1人で頑張ろうとするのは友奈の悪い癖とも言えますが、黙っていても周囲が助けてくれるのは彼女の人徳でしょうね。
マスコット扱いとも言えますが(笑)

 そして、最後にクリスマスパーティとまさかの国防仮面の特別編。
クリスマスパーティの方ですが、サンタのコスプレをした風の胸、デカ過ぎない?(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想&総評】「カー... | トップ | 【アニメ感想&総評】「テイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コミック感想」カテゴリの最新記事