アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(カード考察)「ゴーレム・ドラゴン」&「堕天使スペルビア」カード一口メモ。

2009-05-28 23:59:56 | 遊戯王
 第8回の「Vジャンプ」定期購読特典カードのカード一口メモです。

VJMP-JP040 「ゴーレム・ドラゴン」 ウルトラレア
地属性 ★4 ATK/200 DEF/2000
【ドラゴン族・効果】
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は表側表示で存在する他のドラゴン族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。
     ↓
 ステータス的には悪くはないですが、色々と足りないカード。
守備力2000では「サイバー・ドラゴン」や「ビッグ・ピース・ゴーレム」の攻撃を防ぎきれず。
その上、他のドラゴン族を守る効果も、特殊召喚でロックをかけやすい「切り込み隊長」に比べると見劣りします。
基本、現状では使われない時代遅れなカードですね。


VJMP-JP041 「堕天使スペルビア」 ウルトラレア
闇属性 ★8 ATK/2900 DEF/2400
【天使族・効果】
このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、自分の墓地に存在する「堕天使スペルビア」以外の天使族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
     ↓
 その効果からほぼ天使族デッキ専用のカードですが、その代わり天使族デッキに投入するには強力なカード。
「死者蘇生」は当然として、天使族デッキでは「アテナ」が使いやすいですかね。
闇属性なので「終末の騎士」なんかで墓地に送っても良いですが、「終末の騎士」は天使族デッキとは相性がいいと言えないので微妙。
「ヴァルハラ」も採用して使い、効果は余裕があったらぐらいに考えた方が良いかも。
コメント   この記事についてブログを書く
« (アニ感)「魔法騎士レイア... | トップ | (アニ感)「シャングリ・ラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

遊戯王」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事