アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(コミ感)「Fate/stay night」:第9巻

2009-05-29 23:59:56 | コミック感想
「Fate/stay night」:第9巻 原作/TYPE-MOON 漫画/西脇だっと 角川書店 2009

 今回は、窮地に陥った凛を士郎が救出し、互いに「英霊」を奪われた者同士である士郎と凛が結託して反撃を狙うまでの過程が描かれました。

 まさか、ランサーが味方に付くとは……。
これは完全に予想外だったので、とても驚きました。
この漫画はいつも読者を驚かせ、楽しませてくれますね(笑)
ランサーのこの行動は、セイバーとアーチャーの2人を手中に収めたキャスターの勢力の突出を危惧した言峰神父の差し金だったわけですが、今度はその言峰神父の境界がキャスターに乗っ取られるという(笑)
本当に飽きない展開です(笑)

 さて、その一方で士郎の異常性も強調されていましたね。
魔術の特性は未だ不明のままであり、魔術回路すらまともに開拓されていなかった始末。
その一方で、ランサーとの手合わせの際にとっさにアーチャーの真似をしたり、ランサーの動きに付いていけていたり。
この上にも下にも突き抜けているアンバランスさが一層浮き彫りにされた巻だったと思います。

 今回のおまけエピソードはランサー。
言峰神父の命令で他の「サーヴァント」達と全力で戦えなかったランサーの苦汁の胸中が描かれました。

この回想の中で久しぶりにイリヤとバーサーカーが登場していましたね。
考えてみれば、まだライダー以外の「サーヴァント」って全員生き残っているんですよね(アサシン含む)。
キャスターが「器」の話題を出すなど展開的にはだんだんクライマックスっぽい雰囲気を帯びて来ていますが、まだまだ先は長そうですね。
慢心王も登場していませんし。
個人的にはアサシンやバーサーカーとの決着に早くも期待が高まっています(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
« (アニ感)「sola」:第3話 | トップ | (アニ感)「PandoraHearts」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コミック感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事