アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

極上CDレビュー(Part.2)。

2006-02-20 23:59:59 | 音楽(CDなど)
 前回からかなり間が開いてしまいましたが、「極上生徒会」関連のCD感想の第2弾を書こうと思います。


「極上生徒会 キャラクターシングル Vol.3」(遊撃部・飛田小百合&角元れいん)

極上生徒会のメンバーが歌うキャラクターシングルの第3弾。
第3弾は飛田小百合(CV:川澄綾子氏)と角元れいん(CV:松岡由貴氏)の遊撃部仲良しコンビです。
曲の内容は、2人のキャラクターソング各1曲ずつの計2曲とラジオドラマ、そしてキャラクターソング2曲それぞれの歌なしバージョンの計5トラックといういつもの構成です(笑)

 飛田小百合のキャラクターソング「花と風と光の中で」はやや古風というか、穏やかな感じの曲。
個人的には、「竹林の中にぽつんとたたずむ小さな日本家屋」が思い浮かぶような曲だと思います(意味不明)。
内容としては別れを暗示させる歌詞の曲なのですが、透明感のある透き通った印象を受ける曲です。
歌っているのは「飛田小百合」というより、まんま「川澄綾子」って感じですけど(笑)

 角元れいんのキャラクターソング「SHINE GIRLS LIFE」は、対照的にかなりテンションの高いアップテンポな曲。
れいんらしさがとてもよく表れている感じの曲です。
本当にタイトル通りの曲という印象で、名は体を表すとはよく言ったものだって印象ですね(笑)

 ラジオドラマは、今までの「キャラクターシングル」とは違い、りの&プッチャンは登場せず。
小百合とれいんだけの登場となっています。
2人が校内放送をしているという設定です。
CD内で校内放送とは何ともややこしい(^_^;)
小百合とれいんがケンカする珍しいシーンも堪能できます(笑)


「極上生徒会 極上ドラマ&極上サウンドトラック Vol.2」

 以前にも発売された「極上ドラマ&極上サウンドトラック」の第2弾です。
アニメのサウンドがCD1枚には入りきらなかったらしく、残りはこちらに収録されています。
第1弾同様、基本はサウンドドラックでどころどころにラジオドラマが挿入されているという構成になっています。

ラジオドラマは本当にボリュームがあるのですが、今回は残念ながら少々「極上生徒会」っぽくなかったという印象です。
前回は修学旅行という設定でそれこそ「学園」っぽかったのですが、今回はたまった借金を返すためにみんながバイトをするという話で、かなり学園や生徒会を離れてしまっています。
それがちょっと残念ですね。
あと、琴葉役の植田佳奈氏が演じるプッチャンが恐ろしいほど似てない・・・・・・(ーー;)
他の人(キャラ)が演じているプッチャンは多かれ少なかれ似ているのですが、今回ばかりは本当に絶望的なほど似てないです(^_^;)
でも、琴葉(植田佳奈氏)がプッチャンを演じるているのは貴重です(笑)

 他にはアニメのエンディングテーマ曲第2弾である「恋する奇跡」のTVサイズ版や極上生徒会メンバーの和泉香(CV:斎藤千和氏)のキャラクターソングも入っています(さすがに第1弾でも収録されたオープニング曲までは収録されていませんが)。
香のキャラソンはノリのいい前向きな曲で、私のお気に入りです。


「極上生徒会 極上ドラマ&極上サウンドトラック -ゲーム版-」

 PS2用ゲーム「極上生徒会」に付属として付いてくるCD。
その名の通り、「極上ドラマ&極上サウンドトラック」のゲーム版です。
内容は、ゲーム中で使用されるサウンドが22曲収録され、さらにラジオドラマとゲームエンディング曲の「未来パラソル」(歌:田村ゆかり氏)のハーフサイズが収録されています(ゲームでは1曲丸々流れているのに、CD版だとハーフサイズとはこれ如何に)。

ゲームの曲に関しては、ゲーム内の「スペシャル」(クリア後のおまけのようなもの)で鑑賞できるため、正直あまり意味があるようには思えませんが、ラジオドラマはこのCDのための特別版。
とは言っても、結局はゲームの宣伝なのですが(笑)
登場するのは蘭堂りの&プッチャン・桜梅歩・和泉香のみです。
でも、小芝居などが楽しめるので、結構面白かったです(笑)

 「未来パラソル」に関しては後ほど。
・・・・・・そういや、ゲームはまだクリアしてないなぁ。
金城奈々穂・和泉香・市川まゆら・桂聖奈の4人がまだ残ってます。
特にお気に入りのキャラなのに・・・・・・。


「極上生徒会 ベストアルバム 極上音楽集」

 タイトルの通り、「極上生徒会」のベストアルバム。
今までに発売された「キャラクターシングル」に収録された蘭堂りの・神宮司奏・金城奈々穂・銀河久遠・飛田小百合・角元れいんの6人のキャラクターソングに「極上ドラマ&極上サウンドトラック」に収録された市川まゆらと和泉香の2人のキャラクターソング、さらにアニメ版「極上生徒会」のオープニング曲「恋せよ女の子」とエンディング曲の「偶然天使」&「恋する奇跡」、ゲーム版のテーマ曲「未来パラソル」に加え、このベストアルバムが初収録となる桂聖奈・桂みなも・シンディ真鍋・桜梅歩・矩継琴葉それぞれのキャラクターソングを含めた全17曲の豪華な構成のアルバム。
この1枚で、アニメ・ゲームの「極上生徒会」の歌が堪能できます。

 今までに発売されたCDの収録された曲はもちろんの事、今回が初めての収録となる曲も5曲あり、ゲームのサウンドトラックではハーフサイズだった「未来パラソル」もフルサイズが収録され、まさにベストアルバムといった感じになっています。
聖奈の曲はバラード、みなもの曲はややロック調なアップテンポな曲、シンディの曲は友情がテーマのすがすがしい曲、歩の曲はアニメ内でも流れた歩の幻のデビュー曲、琴葉の曲はややローテンポな曲調で、それぞれのキャラクター性がよく表れています。
また、「未来パラソル」もゲームのエンディング曲にふさわしく、明るくて前向きな、希望に溢れる感じの曲となっています。

 とりあえず、このアルバムのおかげで「キャラクターシングル」シリーズのCDを買う必要性がなくなりました(^_^;)
「極上生徒会」のCDを購入する場合、ラジオドラマが聞きたいというのでなければ、このベストアルバムを購入すれば十分と言えるぐらいの充実したCDだと思います。
コメント   この記事についてブログを書く
« アニ感Legend。 | トップ | 使われないカード。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽(CDなど)」カテゴリの最新記事