アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「アンジュ・ヴィエルジュ」:第8話「愛しさの理由」

2016-08-29 23:59:58 | アニメ感想(各話感想)
 あぎゃ。

 今回からステラ編に突入。
回想によるとステラを起動させたのが天音だった模様。
天音は起動させたのだから自分が「母親」だと名乗ります。
普通、開発者が母親だと思うんですけれど(笑)
当時、ステラは天音の事を「マザー」と呼び、とても慕っていたようです。

 闇堕ちから解放されたレミエルは、暴言の数々をエルエルに謝罪。
エルエルもこれまで気持ちを分かってあげられなかった事を謝罪し、2人はさらに友情を深めます。

 今回のアゲハによるマユカへの指導は、戦場での休みの取り方。
ただ、マユカはどこでも眠れるようで即座に終了。
あとは、マユカがアゲハを抱き枕代わりにしてイチャ付くだけという今回の息抜きタイムでした(笑)

 これまたお決まりの入浴シーン。
レミエルとアルマリアは相変わらず紗夜を巡って低レベルな争い(笑)

 かつては天音の事をとても慕い、仲が良かったステラ。
しかしある時、天音はステラを引っ叩いて「言う事を聞かないステラは嫌い」と激怒。
それをきっかけに、ステラは天音の事を互いを使用し合うツールだと考えるようになった模様。
天音は愛情をもってステラの事を叱ったのでしょうが、叱り方が感情的過ぎて無茶苦茶ですね。

 白の世界のセニアから救難信号が。
セニアはユーフィリアの母親らしく、「ママ」と呼んで珍しく動揺。
紗夜達に白の世界へ向かう指示が下ります。

 白の世界は巨大な電脳世界。
ステラは捕らわれのセニアを発見しますが、カレンが立ちはだかります。
が、もちろんセニアの方も闇堕ち済みで、カレンと融合して1個体に。
彼女達は、融合した自分こそ完全な個体であるとし、セニアとも融合しようと誘いますが、彼女は拒否。
融合個体は白の世界の世界水晶を破壊するべくウィルスを精製しているようですが、戦闘の末、姿を消してしまいます。
セニアが何故、カレン&ステラの理屈を否定したのか、そこが焦点ですね。

 それにしても、“各世界に移動→闇堕ちしたプログレスと対峙→敵逃亡→もう一度対峙”の流れにも飽きて来ましたね……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】「クオリディ... | トップ | 【アニメ感想】「遊☆戯☆王ARC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事