アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(アニ感)「Phantom ~Requiem for the Phantom~」:第9話

2009-05-30 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「Phantom ~Requiem for the Phantom~」:第9話「名前」

 目を覚ましたアイン。
しかし、彼女はサイスの元に戻ると言い出します。
それを制する玲二。
ですが、今度は立ち寄ったホテルで自決をしようとする有様。
そんなアインに玲二は「エレン」という名前を与え、共に生きて行こうと呼びかけます。

 今回のアインは、今までとは打って変わって非常に脆い存在として描かれていました。
そりゃ玲二も戸惑うわと思うくらいに。
今までアインはずっとサイスの命令に従って来た。
自分の思考をずっと止めて来たために、いざそのサイスがいなくなってしまった時、自分のよりどころ、存在意義を持てないのでしょう。
玲二に対して言った「あなたには変えるべき場所がある」という言葉は、同時に自分への皮肉と玲二への羨望を含んでいたように思えました。

 今回どころか、おそらくは全編を通して重要になるであろうと思われる、玲二がアインに名前を与えるシーン。
これはアインが暗殺者としてのそれまでの自分とは別の自分を与えられるという象徴的なシーンでした。
これにより、玲二はエレンの“名付け親”になり、同時にエレンとしての彼女の存在意義を与える存在となりました。
しかし、これは同時にサイスと玲二、2人のよりどころを持ったという事になります。
アインとしての自分か、エレンとしての自分か。
彼女はそのどちらかを“自分の意志で”選ばなければいけない時期が来る事でしょう。

 玲二は逃亡のための現金と車を手に入れに行った際、ついにリズィとクロウディアに囚われてしまいます。
そして、彼はクロウディアからアインがサイスの元に戻ったと聞かされます。
玲二はクロウディアの甘言に耳を奪われ、サイスを殺すという決断を下します。
しかし、当然アインもサイスの元にいる以上、サイスを守ろうとするはず。
玲二がどのように彼女を取り戻すのか、注目ですね。
出来ればアインの方にも玲二の元に帰るだけの意志の強さが欲しいところですが……。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« (アニ感)「鋼殻のレギオス... | トップ | (コミ感)「おまもりひまり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

(アニメ感想) Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第9話 「名前」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
PHANTOM-REQUIEM FOR THE PHANTOM- [DVD]クチコミを見る 記憶が戻った玲二(ツヴァイ)。望めば日本に帰る事も出来た…。 しかし彼は、負傷したアインを置いて行く事は出来なかった。 彼女に生きていて欲しかった…。 裏切り者のサイスに加担した事により、アインは...