アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「Z/X IGNITION」:PHASE 10

2014-03-22 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 猛烈な尻推し回。

 青の世界の基地に帰還したリゲル。
彼女はそこで「オリジナルⅩⅢ Type.Ⅱ」と邂逅を果たします。
どうやら、「Type.Ⅱ」がオリジナルで、リゲルはその劣化コピーという関係の模様。
ポラリスの部屋を訪れたリゲルは、机の上にあったデータからあずみの発作が青の世界によって意図的に引き起こされたのだと知る事に。
さらに、現れたポラリスから「知ってはいけない事を知ったから、再調整してあずみに関する記憶を消す」と言われたリゲルは出奔。
もっとも、ポラリスは初めからあずみの事をリゲルに託すつもりだったようなので、データを見せたのも故意っぽいですけど。

 もちろん、リゲルには追手がかかり、Type.2からの追撃を受ける事に。
リゲルとしては初めから戦うつもりなどなく、撒くだけで精一杯という感じでしたが。

 一方、オディウムの捜索に全く成果を上げられない飛鳥達は、神門から神戸を破壊すると告げられていました。
アレキサンダーの強大なパワーを前にすればオディウムも姿を現すというのがその理由。
かと言って別に神戸を破壊する必要は必ずしもないでしょうし、どうにも無茶苦茶な作戦のような気が(笑)
苛立ちを隠せない飛鳥達の前に、リゲルが帰還し、負傷しながらあずみの病気の関する真実を伝えます。
龍膽の一族に伝わる丸薬があずみの発作に効くかもしれないという希望も。
しかし、Type.Ⅱの接近を察知したリゲルは、治療もそこそこに、あずみに敢えて冷たい態度を取ってつき離しながら去って行きます。

 離れた場所で激突するリゲルとType.Ⅱ。
リゲルの戦闘を感知したあずみは、飛鳥達の協力を得て、共に飛翔。
Type.Ⅱに追い詰められた上に嬲られ、挙句の果てには拘束されてしまったリゲルですが、あずみのリソース供給で復活。
龍膽とフィエリテも加勢。
あずみとリゲルは和解を果たし、リゲルは自分の帰る場所があずみの傍だと再確認し、戦闘に復帰。
王道ではありますが、なかなか盛り上がる展開ですね。

 しかし、Type.Ⅱは強敵で3人がかりでもなかなか倒せず。
が、あずみの体力が尽きかけた場面を目撃した飛鳥は、Type.Ⅱも誰かからリソースの供給を受けているはずという事に気付きます。
例の探知機を使ってその場所を割り出し、リゲルの攻撃で供給者を撃破。
あの探知器、ちゃんと役に立ちましたね(笑)
Type.Ⅱの無力化に成功したリゲルは敢えて彼女を逃がしますが、突如オディウムが現れ、Type.Ⅱを捕獲。
リソースを奪われたType.Ⅱは存在を保てなくなって消失という、新カードにしては呆気ない最期でしたね……。
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】「東京レイヴ... | トップ | 【アニメ感想】「中二病でも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事