アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「デジモンクロスウォーズ ~時を駆ける少年ハンターたち~」:第13話

2011-12-27 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
「デジモンクロスウォーズ ~時を駆ける少年ハンターたち~」:第13話「子どもだけの世界旅行! 夢のデジモントレイン」

 今回は夜空をかける機関車型デジモン、ロコモンが登場。
タギルのクラスメイト、キイチはロコモンと出会い、毎晩世界各地の名所を巡っていたのでした。
「夜空を走る機関車」と来ると、どうしても「銀河鉄道の夜」を連想しますね(笑)

 タギルもロコモンに乗せてもらい、楽しい時間を過ごします。
しかし、キイチを始め、毎晩ロコモンに登場していた子ども達は、みんな睡眠不足。
さすがに危機感を募らせるタギルですが、キイチや子ども達はロコモンに乗る事を楽しみにしていました。
ロコモン自体、みんなの笑顔をエネルギー源として走っているようです。
ロコモン自身は非常に礼儀正しく、悪いデジモンではないのですが……。

 そんな中、ロコモンにレンが接触。
「もっと速く走らせてやる」というレンの甘言に食指が動いたロコモン。
彼は自らレンにハントされます。
キイチは「クロスローダー」こそ持ってはいるものの、ハントには興味を示しませんでした。
ロコモンもハントしていたわけではなかったのですが、それが裏目に出ましたね。

 もう一度ロコモンと話し合いたいというキイチに協力するタギル。
ですが、ロコモンはすっかり自身のスピードに魅せられていました。
レンはどんなやり方でロコモンのスピードをアップさせたのでしょうか?
そもそも、新幹線よりも遅いスピードでは、一晩で外国に行く事なんて不可能でしょう……。

 ロコモンにはレンの他にリョウマとアイルも同乗。
アイルはパラサイモンを繰り出し、ロコモンに取り付かせてさらにスピードアップさせます。
パラサイモンが「キモ可愛い」とは、アイルの趣味は分かりませんね……(^_^;)
キイチの言葉にロコモンは自分の走りとは何だったのかを思い出しますが、パラサイモンが暴走。
最終的にガムドラモンがパラサイモンを退け、事態は収拾を迎えます。
ですが、結局ロコモンが子どもを取り憑かれたような状態にした事はスルーなんですね……。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】「うさぎドロ... | トップ | 【アニメ感想】「遊☆戯☆王ZEX... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事