アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」:ナンバーズ37

2011-12-28 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
「遊☆戯☆王ZEXAL(ゼアル)」:ナンバーズ37「WDC(ワールド・デュエル・カーニバル)失格!? ハートランドの刺客ドロワ&ゴーシュ」

 何と、徳之助は丸々1日寝過ごしてしまった模様。
当然、ハートピースは集まっておらず。
今の時点で残っている参加者はみんな強敵だと考えた徳之助は、一計を案じます。
ところで、この「WDC」が始まってから、どれくらいの時間が経過したのでしょうか?
1日寝過ごしただけで、どうこうなるものでもないと思うんですけど……。
というか、さすがに丸々1日寝ていたという事が凄いというか(笑)

 徳之助が取った手段は、「ハートピース」とそっくりの飴とを交換するというやり方。
それだけでもかなり強引な手口ですが、徳之助自身もその飴をはめ込んでいましたね。
最終的にはピースを全部集め切れなかった模様です。
だったら初めから飴で全てのピースをまかなえば良かったんじゃないでしょうか?

 事情を知った遊馬が駆け付けた時には、徳之助は運営委員のドロワとゴーシュに連行されるところでした。
遊馬は徳之助を助けるため、ドロワとゴーシュとのデュエルをする事に。
相変わらず遊馬の言動は横柄なものでしたが、2人がかりで相手とは運営委員も大人気ない……。

 一方、アストラルの前には、以前の黒いアストラル、すなわち「No.96 ブラックミスト」が現れていました。
彼は他の「ナンバーズ」の総意であるとして、アストラルに反旗を翻します。
唯一「希望皇ホープ」だけはアストラルに味方していましたが、何が何だか。
「ブラック・ミスト」が何をしようとしているのかも、何故「ホープ」だけがアストラルに加担するのかも謎でした。

 デュエルは案の定遊馬の不利。
まあ、1対2の時点で不平等なわけですが。
アストラルが不在で、しかも手札の尽きた遊馬に挽回のチャンスは訪れるのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】「デジモンク... | トップ | 【アニメ感想】「うさぎドロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事