アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「月刊少女野崎くん」:第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」

2014-07-31 23:59:57 | アニメ感想(各話感想)
 何でも聞けよな!

 御子柴にはギャルゲーをやる趣味がある様子。
3年前、女子と上手く話せない事から勉強のためにやり始めたとの事ですが、今では女の子を落とす達成感にハマってしまった模様。
彼は野崎にもギャルゲーをプレイさせます。
しかし、野崎は最初、主人公に自分の漫画の名前を付けた上に、女の子からの誘いに冷たく対応したり。
何だか、ギャルゲーをするのに全く向いていない感じですね(笑)
挙句の果てに、結局は野崎も女の子キャラに振り回される羽目に。

 こういうギャルゲーには、主人公の親友ポジションの男子がいるのが定番。
最初はあまり乗り気じゃなかった野崎ですが、御子柴の言葉もあって親友キャラの友田を活用し始めます。
女の子達の好感度を教えてくれるだけではなく、何かにつけてフォローし、時には励ましてくれる友田。
その良い奴っぷりに、野崎も御子柴もすっかり感化されてしまいます。
挙句の果てに、友田のために彼が報われる作品を書く事にしますが、結局友田にふさわしいのは主人公という結論に。
やっぱりホモじゃないですか(笑)

 学校で男子から合コンへの参加を懇願された御子柴は、思わず安請け合い。
もちろん、即座に後悔する事になりますが、野崎の提案で練習する事に。
途中で佐倉も加わり、野崎と佐倉を女役として、模擬合コンがスタート。
が、野崎は変なキャラを作り、佐倉は元々野崎にしか興味がないので、全く役に立たず。
結局、御子柴も疎外感から女役になり、女1人と男2人がトイレで会議するというシュールな光景に(笑)
最終的に、御子柴に代わって鹿島が合コンに出る事になりますが、全ての女の子が彼女に取られる結果に終わったようですね(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】『人生相談テ... | トップ | 【アニメ感想】「魔法科高校... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事