アニマニアック

日記という名のアニメ感想記。たまにコミックやゲームなどについても書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アニメ感想】「アカメが斬る!」:第3話「蟠を斬る」

2014-07-29 23:59:59 | アニメ感想(各話感想)
 ナイスピンチ!

 「ナイトレイド」のアジトに、暗殺者集団が襲来。
どうやら、かなり深くまで入られたようで、一同は素早く対処に当たります。
圧倒的な強さで敵を仕留めて行くアカメ達。
ラバックが女性の敵を容赦なく殺していたのがちょっと意外でした(案の定、「勿体ない」と言っていましたが)。
タツミは改めて「ナイトレイド」の強力さを実感します。

 今度はマインに師事する事になったタツミですが、彼女は現れず。
シェーレの言葉でマインがなかなか起きて来ない事を知ったタツミは、ナジェンダの指示で彼女を起こしに行く事に。
そして、彼はマインの着替えの場面にバッタリ。
主人公特有のラッキースケベですが、マインの銃弾で危うく死にそうになるなど、早くも先が思いやられますね(笑)

 町へやって来たタツミとマイン。
大人の男性に締め上げられていた少女を助けたりします。
アカメ、シェーレ、ブラート、ナジェンダは顔が割れているらしく、町へ出て任務に当たれるメンバーは限られているようです。
しかし、タツミは任務とは名ばかりの、マインの買い物に引っ張り回される事に。
不満を顕わにするタツミですが、同時に帝都のあまりの惨状にショックも受けます。
はりつけにされた市民が晒し者にされるとは、惨いですね……。

 皇帝はただの傀儡であり、大臣のオネストの言いなり。
苦言を呈した内政官もあっさり処分が決定します。
オネストはその内政官の妻を狙っていたようで、彼のゲスさが際立っていましたね。

 今度の「ナイトレイド」のターゲットは、オネストの遠縁に当たるイヲカル。
オネストの威を借り、女性を拉致しては死ぬまで拷問しているとか。
イヲカルのみならず、その護衛5人もターゲットとの事。
マインは狙撃であっさりとイヲカルを始末し、護衛の内4人もレオーネ達が処分。
残った護衛1人がタツミとマインに迫りますが、タツミが身を呈して取り押さえ、マインの銃弾が撃ち抜きます。
敵がしがみ付いているだけのタツミを振りほどけない事や、敵の体にぽっかり穴が空いている姿など、なかなかに妙なシーンでした(笑)
コメント   この記事についてブログを書く
« 【アニメ感想】「六畳間の侵... | トップ | 【ラジオ】2014年7月期~9月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ感想(各話感想)」カテゴリの最新記事