明鏡   

創作/活動を行う為の資金/募金の振込先 西日本シティ銀行 筑紫通り支店714 口座番号0544327  近藤明子

「茅葺の民俗学」生活技術としての民家 安藤邦廣 はる書房

2018-01-01 13:15:33 | 茅葺
「茅葺の民俗学」生活技術としての民家 安藤邦廣 はる書房より以下抜粋。


草で葺かれた屋根の総称としては茅葺屋根の他に草屋根、草葺屋根、葛屋等が用いられた。

葛屋とはありあわせの屑物を利用して作られた屋根、またはその家という意味である。

またすすきで葺かれた屋根を茅葺屋根と呼ぶのに対して、稲わらや麦わらで葺かれた屋根はわら葺屋根と呼ばれる。

さてこのような茅葺きの屋根は古くから北海道、沖縄まで住宅に限らず社寺等のあらゆる建物に用いられてきた。家屋文鏡(奈良県の佐古田の宝塚古墳から出土した古墳時代の傍製鏡)に描かれた住居の屋根は茅葺屋根と考えられ、また埴輪に見られる屋根も茅葺屋根の形態を表している。古代の住居(倉)の形式を伝えるといわれる伊勢神宮の屋根も茅葺である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「茅葺の民俗学」生活技術と... | トップ | 「茅葺の民俗学」生活技術と... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

茅葺」カテゴリの最新記事