一粒のからし種

地上のどんな種よりも小さいが、蒔くと、成長して~葉の陰に空の鳥が巣を作れるほど大きな枝を張る。マルコ4:32

ゴスペルライオン

2018-08-20 | イエス・キリスト
 ゴスペルライオン、横山大輔さん、パートナーの横山和子さんが来られた。ルートをたどると同じカンバーランド長老教会の枝に。霊的に似ている兄弟姉妹のよう。特別な感謝と感動を感じる。

 昨年の8月、そして今年の8月、友人の家庭が開放されてコンサートが開かれた。大勢のお客様はないが、ひとりのためにお二人は来た。ある生活に困難を抱えた少年のために。


 私は心が燃える。改めてまことの神に。イエス・キリストに。ブログでは言いたいことが言える。素直になれる。まことの神を私も伝えたい。あらゆる瞬間を使って。強さも、弱さも、すべてをもって。
コメント

甘夏ゼリー、再び❗

2018-08-06 | 福祉の学び
 無人販売所で買った甘夏で、ゼリー、作ってみました。皮をそのまま活かして流し込むときがたまらなく楽しかったです(*^^*) 異常な猛暑なので、熱中症予防に。
 
コメント

台風の雨と風、強まってきました

2018-07-28 | Weblog
 台風の風が強まってきました。やはり「夏の教会お泊まり会」中止は、必然だったのだという、確信も強まりました。思いがけなく与えられた時間。体を休めつつ、早めに食事も済ませておこう。
 外の嵐を気にしながらですが、H隠退牧師から戴いた本「アパ・ルーム」の聖書箇所を開いて、御言葉(みことば)を味わい、とりわけゆっくり祈る時間も持てました。
 今日は友のために。顔を思い出しながら。。。不誠実な自分に、神は「友に感謝を」、「友は神からの美しい贈り物だよ」と、語りかけられました。しばらくして、広島県から、兵庫県から、北海道から、「台風、大丈夫?」のラインが・・・。また顔を思い出しながら、返信しました。神様、素晴らしい繋がりの恵みをありがとうございます!!
コメント

2018夏の教会お泊まり会

2018-07-27 | Weblog
昨日、決めたことですが、
夏の教会お泊まり会は台風のため、今年は中止に。。
緊張が切れ、昨日は、さみしくなり、
始まらなかったのに、ロス感が深かった。


神様は、ここから何を収穫させようと
なさっているのだろう。


1つ見つけたもの。
それは、意外にも、この、
ぽっかりあいた心の穴でした。

子どもをただ、楽しませたかった。
その心がきちんと、あったことの再確認となったことへの、
安心。


ルーティンではなく、
私にとって、大切だったからこそ、
あいた、心の穴。

純粋に、私も、たのしみだったのだ。

その一番大事な気持ちを、忙しさの中で、
私がもう、持てていないんじゃないかって、
密かに思えてならなかったけれど。。。

ちゃんと、あったと、わかったのだから!!!

(ほかにもまだまだ、発見すると思う。)
(ほかにもまだまだ、示されると思う。)

でも、まずは、これが第一の収穫(*^^*)



コメント

広島県三原市の友が

2018-07-21 | Weblog
 広島県の友人が、ボランティアで5時間
行ってきたとFacebookに。

 せめて、なにかできることを。
 私もしなければ。
コメント

つながったパスワード

2018-07-20 | イエス・キリスト

 忘れていたパスワードが思い出せたので、
久しぶりにブログに書き込んでみましょう。

 先日思い立ち、また聖書を最初から読み始めました。

 祈って読んでみると、ふつふつと頭の中で
いろいろなことが思い出され、つながり、私に語りかけてくるかのよう。 

 よい先生の手引書などが必要だとも思っていましたが、
直接聖書から味わってみようと思えたことは、幸せです!

 もっと神様と繋がるぞ~!!!

コメント

最近語られること

2017-01-09 | 恵み
テモテへの手紙1
「あなたの内にある恵みの賜物を軽んじてはなりません」
コメント

神様より

2017-01-09 | イエス・キリスト
コリントの信徒への手紙2
1章22節

「神はまた、わたしたちに証印を押して、
保証としてわたしたちの心に``霊´´を与えてくださいました。」

コメント

お正月

2017-01-02 | イエス・キリスト
昨日、ある言葉に出会いました。
1タラント、5タラント、あるいは10タラント、、、与えられたタラントを軽んじませんように、という。

自分の与えられたタラントが、わずかなのだと、軽んじてはいけないよ。

そう、神様に語りかけられたような気がしました。

それと、2017年、初めての聖餐式で、パンを取って食べているときに、イエス様のからだをいただく、その厳かな中で、「お恐れるな。強める。」との声を感じとる。

いつも真逆の言葉ばかり拾う私のネガティブな心。疑い深い心。そのネガティブと疑いと暗さを消し去る、神様の励まし? すぐ忘れちゃうから書き留めよう。Facebookでは押し付けになってしまうから、ここで。(*^^*)

2017年。明けました。私は神様に話しかけて、話しかけて、歩みたい。
コメント

Because you loved me.

2016-06-27 | イエス・キリスト
セリーヌディオンの曲をふと聴いていたら、
「Because you loved me」の歌詞に
信仰を感じた。

吸い込まれていくような気持ちになる。
コメント (2)

わが剣を、くだきたまえ

2016-06-08 | イエス・キリスト
水曜夕礼拝で歌った讃美歌。

讃美歌21
529番 「主よ、わが身を」の1番の歌詞にあるように、
神様、わが剣、われらの剣をくだきたまえ!!!

主よ、わが身を とらえたまえ、
さらばわがこころ 解き放たれん。
わが剣を くだきたまえ、
さらばわが仇に 打ち勝つをえん。


私たちは何者も、無条件の救いにあずかっている。
そう、聖書は教えてくれる。
だから、すべてを神様にゆだね、
私は、
私たちは、
剣を鞘におさめよ。

剣を鞘におさめよう。
ハレルヤ!
コメント (2)

ダビデとヨナタン

2016-06-08 | 交わり
友とこのみことばをシェアしました。


「コヘレトの手紙(伝道の書)4:9-12

9 ひとりよりもふたりが良い。共に労苦すれば、その報いは良い。
10 倒れれば、ひとりがその友を助け起こす。倒れても起こしてくれる友のない人は不幸だ。
11 更に、ふたりで寝れば暖かいが/ひとりでどうして暖まれようか。
12 ひとりが攻められれば、ふたりでこれに対する。三つよりの糸は切れにくい。」


結婚のことかと、私も思ってたのです。
でも、友人が言うように、祈りの友にもあてはまる。。。

昔、東調布教会で、「私と私の友人は、ダビデとヨナタンのよう」と熱い目をして教えてくれた、私より年若い女性に出会ったことがありました。圧倒されました。

でも、主よ。まさかこの身に、ダビデのような友をくださるとは。ダビデとヨナタンは、これまでもお互いが特別で不思議でした。二人はいつもばらばらな場所にいたのに、神様には通じあう時をたくさん共有させて頂いていました。これまで、一人と一人で闘っていたけれど、これからは、二人で。実はこれまでのように、でもある二人で。
コメント

シクジリセンセイ

2016-06-06 | Weblog
今、「かつみ・さゆり」さんが出ている、「しくじり先生」に学びました。夫婦の素晴らしい関係を教わりました。

相手の幸せを自分の幸せより、より考えて生きている姿の麗しさ。1枚のガムがあればはんぶんこするだろう、そして大きいのと小さいのができたときに、いつも大きいのを相手にあげようとする、それが「夫婦」という二人の互いの関係。。
「困っている相手をみて関根さんは、なんでわかれなかったの?と言いましたが、家族が困っていたら見棄てられますか? 見棄てないのが家族じゃないですか?」
親子は家族。わかりやすい。
でも、もちろんだけど、夫婦も、家族、なのですよね。
夫婦こそ、家族、だったのかもしれないよね。

コメント (9)

1年前の「説教」

2016-05-24 | イエス・キリスト
今は違った景色になってきている・・・
でも、この時も、神様が働かれ、私を1mmずつ、変えてくださっていたと信じて感謝!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2015年8月16日 ルカによる福音書6章27節~36節 「愛しなさい」

この聖書の箇所は、イエス様が弟子達に向かって語られた、「平地の説教」の中の一
部分です。小見出しには「敵を愛しなさい」と書かれております。この聖書の箇所を
通じ、私がこの半年ほどの間に神様によって示されたことをお話ししたいと思いま
す。

私はマタイによる福音書5章43節「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさ
い」というみことばカードを持っています。それは日めくりのようにいつめくっても
よいカードなので、自宅の机に飾ってあるものですが、なぜか、このみことばから離
れられずにいました。このカードが昨日も必要、今日も必要といった感じで、このみ
ことばが迫ってくるのです。仕事の場で、家庭で、行き詰るテーマが「敵を愛す
る」・・・この辺りに集中していたのかもしれません。それはなぜなのかわかりませ
んが、見過ごせないテーマとして、神様はこの半年、このみことばを私に示し続けて
おられました。

「敵を愛しなさい」。「敵」などと言いますと、生活の中で、ピンと来ない方もいる
かもしれません。日常生活の中では、少し大げさなような気もします。辞書によると
「敵」とは「自分に危害を加えようとしている相手」、とあります。27節を見ると、
“「敵」を愛し、「あなたがたを憎む者」に親切にしなさい”とありますから、
「敵」とは「あなたがたを憎む相手」と言いかえられるのかもしれません。もし、私
たちに危害を加えようとしたり、私たちを憎んでくるような人がいたとしたら、私た
ちは一般にどうしてしまうのでしょうか? きっと、怖い!と思ってしまい、「その
人を愛し、親切にするなんて、とてもできない、難しい」ということを感じてしまう
のではないでしょうか。

私もそのような場面、とは言わないまでも、仕事や家庭で、追い詰められてしまうよ
うなことが多々あり、そのような時、みことばを思い出して「敵を愛さなくては」
と、祈れることで乗り切ろうとすることがしばしばありました。しかし、それはまる
で、苦いものを食べるかのような、やっとの祈り、信仰がついていけず言葉だけの祈
りだったように思います。
28節に「悪口(わるぐち)を言う者に祝福を祈り」とあります。祝福を祈る。これはま
たとても難しいことです。けれども、祝福をこれまたなんとか祈ってみるのです。私
の内には祝福を祈るような心が無いにもかかわらず、祈ってみたのです。する
と・・・確かに不思議と言いますか、恵みと言いますか、次第に私の関心は、「敵」
「相手」ではなくて、「私自身の心」へと向かい、自分の至らなかった点に気づくこ
とになっていくのです。これは聖霊のお働きなのだと、思わされます。聖霊が私を照
らし、示してくださることとは、私の内にこそ、「愛が無く、憎しみでいっぱいに
なっている」という事実でした。私自身が誰かを憎む者になっていることに気づかさ
れるのです。みことばは、このように、誠に、隠れているものを明らかにされます。
みことばによって、罪の輪郭がくっきり、はっきりと浮かびあがるのです。
そもそも、イエス様の言う「敵を愛しなさい」ということは、一体、どういうことな
のでしょうか。それは、「相手の人間がどのような仕打ちにでようとも、相手の幸福
をおもんぱかってやまない」ことだと、ある本に書いてありました。

28節の後半部。「あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。」とありますが、ま
さにイエス様は、十字架の上でこのように祈られました。ルカによる福音書23章34
節。“「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないので
す。」” 自分を十字架にかけた者、侮辱する者のために、その幸福をおもんぱかっ
て、神様に執り成しの祈りをされたのがイエス様のなさった祈りでした。

私も、本当に苦しいことがあったときに、苦し紛れにこの祈りを祈ったことがしばし
ばあります。ですが、ただ真似をして「彼らをお赦しください。自分が何をしている
のか知らないのです」と祈ってみた時に、どうも“上から目線”になってしまうこと
に気が付きました。「祈ってみるけれど、苦しい、そんな堂々巡りにいるなぁ。それ
も今はみこころなのかもしれないなぁ。」というのが、毎日思うことでした。

少し話は変わりますが、4月頃、個人的には、15歳の息子を岐阜県に送り出すという
転機がありました。知らない土地で新しい環境に慣れるまで、「息子は連絡を取れな
い状況にいるし・・・どうなったかな」と憶測しながら過ごすのは不安なものでし
た。そんなおり、平塚にいる私の母が、クリスチャン新聞の「モーセの母」という記
事を送ってくれました。詩編55章23節。「あなたの重荷を主にゆだねよ 主はあなた
を支えてくださる。」とあり、またモーセの母が、赤ちゃんモーセをファラオに殺さ
れないように、最後は全く命の保障のないナイルの茂みに、わが子を置き去りにす
る、そんな別れをせざるを得なかった母、について下線が引いてありました。
息子のことでは、励ましを得ました。と同時に、思ったことは、「敵を愛しなさい」
ということについても、愛せない中で祈っている、そのままの状態を、葦の繁みに置
くように、神様におまかせしていく、ということ、ゆだねる、ということを示された
ように思いました。

仕事場に「お守りください」と祈って入っていくこと。また、家庭のことも、教会が
遅くなって、夫が教会を嫌いにならないように、ということも、神様におゆだねして
いく。祈った結果、それでもうまくいなかかったとしても、それもまたゆだねてみ
る、ということをしながら、「敵を愛しなさい」というみことばと向き合っていまし
た。

 ある日、6月のことです。私は信徒大会準備会第1回会合に出かけた際に、8月開催
の青年部例会にお誘いを受けました。日曜日の夜の会合だったため「教会の用事で遅
くなる」ということは、夫が受け入れにくいと考えていて、それを説明するのに「夫
が教会アレルギーなので、遅いと出かけられません」などと、冗談ぽく言っていた時
のこと。横にいた、ある牧師先生を通して語りかけられた一言に、私はびっくりしま
した。
「教会アレルギーも信仰の一つですよ。」
さらに「従順な信仰というのも信仰ですが、信仰には“反発の信仰”というものもあ
る。ご主人の反発は信仰の表れなのですよ。そういう人にこそ、霊的なケアが必要で
す。放っておいてはいけない。」
そう言われてハッとし、そこで、目に涙がじわっとあふれてきてしまいました。

 それは私にとって、強く、神様によって触れて頂いたような経験として迫ってきま
した。神様の目線によれば、夫は敵ではない! そのことを強く確信したのです。
「敵を愛しなさい」というみことばを思いながら、私はいつの間にか、夫を「敵」と
してしまっていたのだと気が付いたのです。神様は、改めて、「愛しなさい」と私に
教えてくださいました。だれが敵だと言ったのか? と神様は私に迫ってきたかのよ
うでした。「敵を愛さなきゃ」と祈っていたけれど、もちろん、敵対してしまうこと
はあったのだけれども、「敵はいない」と、神様に迫られたような気が致しました。
「むしろ、たった一人の伴侶ではなかったか?」 と、直接語りかけられたよ
うな思いでした。私の方こそ、信仰のない者、見えない者であったのだと気づかさ
れ、初めてそのことについて、悔い改めの祈りを口にのぼらせることができました。
感謝でした。ずっとつっかかっていた、私の中の憎しみが消えていきます。ルカによ
る福音書6章41節にあります。「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、な
ぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。」 私自身を悔い改めるスタートが与えら
れました。

また、私はなお、仕事面で、どうキリスト者として生きようかと考えていました時に
以下の箇所が目に飛び込んできたことを思います。32節。「自分を愛してくれる人を
愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか。罪びとでも、愛してくれてい
る人を愛している。」とあります。また、33節。「自分によくしてくれる人に善いこ
とをしたところで、どんな恵みがあろうか。」とあります。「ああ、自分はまさにそ
うなんだな。」そう思わされる箇所です。
 そこで私たちはイエス様はどうであったのかに目を転じたいと思います。イエス様
は、私が神様を愛していない時に先に愛し、私がまったく神様に背を向けていた時に
も、善い恵み、すなわち、このような私たちに、救いを用意してくださっていたとい
うことに目を向けたいのです。

 先日、幼児洗礼の恵みにあずかりました娘・Yが、もう2週間前になりますが、K一
先生の枕元におりました。先生の枕元にも、写真入りのお葉書があり、そこには右側
にRくん、K美ちゃん、Yくん、Yくんを抱っこする娘がうつっており、左側にはベッド
の中のK一先生、Y人くんを抱っこするH世先生が写っておりました。
 K一先生は、その写真を見て、「あぁ。弱い者たちばかりだ。」と言われました。
確かに。赤ちゃんも、幼い子どもたちも、お年を召した先生方も、世の価値観にあっ
ては、「弱い」という立場になるのでしょう。けれども、私にはK一先生が、
「あぁ。弱い者たちばかりだ。なんて素晴らしいんだろう。」と言ったように聞こえ
ました。「ここにいる者たちは弱いけれど、それゆえに、神様の、とても強い、完全
な強さの中にいる」という証しの言葉に聞こえてきたのです。「神様の強い守りの内
にいる幸いな者」と聞こえてきたのです。神様の大きな愛を知らされる一言でした。

 さらにK一先生は、枕元から顔を出した娘に、「将来の宝だ」と突然に言われまし
た。
神様はそのような目線、私たちには唐突に聞こえるかもしれないけれども、真実、そ
のような目線をもって、この私を、私たちを、愛しれくれたのではなかったか、敵で
あったこの私のために十字架にかかられたのではなかったか、とこの日の交わりを通
して思い巡らしました。勲が無い者を主イエスのゆえに、勲あり、としてくださる目
線。信仰なき者をも、信仰あり、としてくださる目線。幼きままの者から将来の宝を
見出して慈しんでくださる目線であります。

 そのような主だからこそ、私たちの選びとるべき道を35節のように教えてくださっ
ているのです。「しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当
てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子とな
る。」 これは、神様からの約束です。あなたにとって、私にとって、愛し得ない者
をこそ愛し、赦す道が、主のみこころの道であるということです。みこころなのだか
ら、そうしなさい、ということに尽きるのであります。そして、そこにこそ、栄光が
あるということです。

 私の内に、人を赦す力が無いことは明らかです。けれども神様により頼むとき、ゆ
だねるとき、御霊により、私たちは心を新たに造り変えられ、私の罪に勝利する機会
が与えられ、喜んでみこころを行うよう、変えられていくことができると信じます。
主イエスとの交わりの中で、自分をゆだねる時、神様はきっと高みにいる罪深い私た
ち自身に気付きと悔い改めとをお与えになり、恵みの道へと導いてくださることで
しょう。
「愛しなさい」との声が聞こえます。主が、全ての敵意を打ち滅ぼしてくださったの
だから。主は全ての人のために十字架にお架かりになったのですから、その人のため
にも、主が十字架についてくださったことを、いつも礼拝を通し、みことばを通し、
祈りを通し、兄弟姉妹との交わりを通し、聖霊に満たされ、照らされつつ、示されて
いきたい。36節「あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者
となりなさい」。
主が、私を、私たちを愛してくださった憐れみ深き恵みに包まれて、その恵みが、私
たちの「愛し得ない心」を覆い隠すまでに、あなたとのお交わりに満たされて、みこ
ころに従っていきたいと思います。お祈り致します。

天の父なる御神様。尊き主の御名を讃美しほめたたえます。
神様。この醜い心の私を主イエス・キリストの御前にゆだねます。私こそ、憎む者で
す。愛の無い私たちをお赦しください。十字架にお架かりになってくださったほどに
大きな愛に触れ、「愛しなさい」との御言葉に従いて、栄光を見ることができますよ
うに。
 8月15日には70回目の終戦の日を迎えました。隣国と自らを戦禍に巻き込んだ罪を
心から認め、悔い改めつつ、これよりのち、主にあるまことの平和を築く道を選び
取っていけますように、主の平和をお恵みください。

これらの感謝と願いとを、救い主、イエス・キリストの御名によってお祈り致しま
す。アーメン

コメント

助けを神様に

2016-05-12 | 福祉の学び
助け起こせたけれど仲間が携帯にでない。
車が止まり、知らない男女が降りてきて、
「手伝いましょうか?」
と言ってくださったのを、なぜ、遠慮して断ってしまったんだろう。

携帯で「人」に電話するも、
なぜ、「神様に」助けをもとめられなかったんだろう。

外出中、路上では初めて、
発作の方を介助した。
体は路上にいとも簡単に投げ出されて、
もう少しで轢かれるところだった。

だめだ、助けを求めよう!!!

そう思いが与えられたとき、
1人の女性と、別の車から3人の男性。
そこに仲間の車がきた。

手を貸してください!
体はいとも簡単に空中に浮かぶ。
運ばれながらその方の意識も戻ってきた。
助かった。

求めよう。
困ったときは。
人の心の板には、
良心が刻みつけられている。
通りすがりの人の良心は
神様が与えてくださる助けになってくれる。

一番先に、私に求めなかったのか?
と、神様に諭された気がする。
一番そばにいてくださる方に求めよう・・・!
コメント