田舎神職の人生-自然の中で生きる

神明社に奉仕しながら、気ままに生きる日々の暮らしを、生かされて生きることに感謝しながら綴っています。

ラッキョウを植える

2017年07月11日 20時16分02秒 | 畑つくり
 暑い夏の到来で、何をしていても汗が流れてきます。
 畑に出て、人参の芽に水やりをしてきました。





 人参は今年初挑戦です。種まきをした後に藁を敷いておいたら、何とか芽が出ました。その後晴れの日が続いているので、毎日水やりをしています。

 また、先日掘ったラッキョウを来年の種に植えておきました。二個ずつ240か所に植えることができました。夏の間は休眠状態で、秋になると成長を始めると思います。例年夏の終わりに植えていましたが、今年は早々と畑に種を入れました。



 ついでに、スイカの囲いの上に防鳥用のテープを張ってきました。4株からスイカが9個ほどできていますが、今年はつるが元気で伸びています。後30日ほどで収穫できると思われ、お盆に間に合うといいなと考えています。



夕食を食べ祝ったら、雨が降り出してきました。分かれば人参に水やりはしなかったのですが、雨の恵みはありがたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笏を作る | トップ | 暑い中での草刈り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

畑つくり」カテゴリの最新記事