中国の課題とアジア、東京ヨコ読み~文化・交流・観光の 日中観光文化研究所・観光文化ツーリズム代表 秋澤文芳      

観光文化ツーリズム㈱・アジアリソースインテグラ㈱代表 北京第二外大旅游管理学部研究生、孔子学院旅講座、東京都日中副理事長

中国発 政治や領土問題以上に即取り組むべき高齢化

2013年03月13日 21時56分17秒 | 中国 老人問題・高齢化問題

 多くのお年寄りが「預けられて」・・

  郊外、養老院・・静かさは

あと20年、25年後に向けて高速で進む恒例化・・と書きたいところですが、

確実に進んでいる中国での高齢化は、かなり深刻です。

  既に経済の発展が緩やかになって生きている中で、少子化と高齢化が

  同時並行して進んでいる中国社会ですが、実際に、この養老院などを

  先週末に見てきて感じたことは、雰囲気的にも日本以上にドライな扱い

  をしているな、と感じた施設内の様子でした。

經濟が,いずれは停滞化し、高齢化の波が進み、年金制度と社会保証

制度が、田舎ほど整備されていない中で、若者は都会に出稼ぎに出て、

高齢者村が各地で生じつつあり、更に、一種の過疎化と高齢化と貧困化

といった3重苦に喘ぎそうな姿が目に見えているこれからの中国社会に

おいては、経済のかじ取り以上に今後は厳しくなる西部地区です。

 

以上のような社会問題を、今、将に同時に進めながら経済発展を維持す

べく、党と政府が一体となって推進しています。が、私たちが、毎日のよう

に、いやというほど日中の政治、歴史問題に関して報道をしているという

ことは、決して上記のような社会問題、高齢化問題を一刻も早く解決して

行こうというような意気込みは残念ながら感じられません。

北京市郊外での、静かな山麓に位置する寂しそうな施設を訪れて感じた

ことは、「もはや政治だ、領土だ」と言っているようような余裕はないです

よ、と言いたいほどの、今回の深刻な「高齢化問題」には今すぐ双方が

協力して取り組むべきです。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ北京情報へにほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ中国旅行(チャイナ)へにほんブログ村

                                    

にほんブログ村 環境ブログエコツーリズムへにほんブログ村

中国旅行ブログランキングへ

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国発 市内の建物・住居暖... | トップ | 中国発 新外務大臣 王毅氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国 老人問題・高齢化問題」カテゴリの最新記事