お遍路 K 秋ちゃん・・・きのうの晩ごはん   おやじの田舎家庭料理・・・

素朴でシンプルな健康晩ごはんです。田舎のおやじが毎日作っています。Liveで一日遅れで届けています。

赤い琴電 讃岐一國参り 結願五日目 よ

2014年11月20日 | 札所巡り

 85番札所八栗寺を打ち終え、次の札所志度寺へ6.5㌔の道程。途中の坂で源平古戦場跡や地元の高校生の坂道ダッシュに「がんばれ」、みていて・・・厳しい・・・

 源平の古戦場 牟礼

大変きつーい坂道でダッシュ・・・

  道の駅源平の里「むれ」を通り(阿波にもむれがあった、むれとは?)、琴平電鉄の赤い電車を見ながら志度の町へ。

 赤い琴電

 平賀源内誕生の地(生家)を横目で見ながら86番札所志度寺仁王門到着。

 平賀源内邸

86番札所 志度寺全景

志度寺仁王門

仁王像 あ・・・う・・・

 境内は広く、植木、植物が乱立して植木屋さんみたいな感じだ。雨になってきたので早々に打ち終え今日の宿栄荘へ。

 境内の五重塔・・・

 泊り客は五人。歩き遍路三人と車の夫婦遍路。

 千葉のおばさんもいた。もう一人の男性は、滋賀の栗東からで(競馬で有名)馬は早いのだが、このおじさん遍路は、自分は歩くのが遅いという。

 と、いうのは1日5㌔くらいしか歩かない時もあり、同宿の歩き遍路の話を聞いて負い目を感じているらしい。

 「そんなことないですよ、自分に合った歩き方でいいんですよ」と、励ます。話を聞いていると方向音痴なところも少し・・・

  夕食時も大いに盛り上がる。千葉のおばさん遍路も旦那さんがいるみたい。うちのご満悦様と同じく寛容な心を持っているのだ。しかし・・・どういうものか・・・

 また、ここの宿のばあさんも80を過ぎていて遍路宿の名物ばあさんという感じでとても好かった。飲んだのは自分で申告の遍路命・・・のばあさん・・・

 

 

 

コメント

きのうの晩ごはん 65

2014年11月20日 | きのうの晩ごはん

  きのうは朝一で床屋に・・・その後は何もやらず一日が終わった・・・

 第二の人生はみなそうなのか・・・はたまたお天気のせいか・・・鉛色の曇りが多く感じられる・・・

 しかし、生きていくためには・・・作らなければ・・・またまた、アルコール㌘摂取が・・・節酒しなければ・・・

 きのうの晩ごはんは、これです・・・

大根とぎゅうすじのべっこう炒め・・・

たまご焼き・・・

オータムのおひたし…残りものの天ぷら・・・

かぶときゅうりと人参の漬物

リンゴ・・・

肝臓によいしじみの味噌汁

 

11月20日(木) 赤口 今朝6時のゴーン・・・相変らず寒い・・・

 

コメント