Akiba-Watching

コスプレ撮影・ROM制作を最近メインにしてます。

FreestylerでDMX照明コントロール 日本語環境でも動きました 

2014年12月25日 | イベント

イベントでステージを運営することがたびたびあって、音響と照明を自分でやるようになってます。

基本は趣味でボランティアスタッフでやっているのでなるべく安価に済ませるようにしています。こったことをするようなステージでも無いですし。

いままでは安い電球式のパーライトを使って、アナログ式のコンとローラーを使ってやっておりました。

こういった一個電球込み4000位の安いライトを5-6個こういう1万円くらいのコントローラーでやってました。

 

で最近はやりなのはLEDですよね。少し前までは結構高かったのですが最近中国から直接購入する通販を見つけたため安く購入できるようになってきました。かなり怪しさはありますが、安いのには変えられません。Aliexpressと言うまあ大手の中国内の通販で、基本輸出に対応しているサイトなので、日本まで送ってくれるのがどうかとか考える必要なく、送料がHP上で確認出来ながら商品を選べます。サウンドハウスさんとは比べものにならない激安価格です。一年保障は書いておりますが送り返しの手間や送料を考えると壊れたら自分で修理するくらいの根性が無いと頼めませんけどね。 Aliexpressの評判などはhttp://bicycle.kaigai-tuhan.com/method/aliexpress.php こちらのページが詳しいです。


さてLEDは軽いし電力少ないし良いことずくめです。元々1橙あたり150W位でやっていましたので、最近の製品では明るさも十分です。値段も最近の円安にもかかわらず送料込みでパーライト1個で6000円です。ちなみに同等品はサウンドハウスさんで購入すると25000円位します。サウンドハウスさんも安いのですが製品的に良いモノを持ってきているので高いのは仕方ないです。中国製はどこかのコピーが当たり前なので外見は似ているんですけど中身が全く別物もよく見かけます。個人的には順次LEDに今後変更してゆきたいところです。

ただし、LEDですと色が加わる分コントローラーにチャンネルが多く必要になるため、16チャンネルの今の機材ではチャンネルが足りなくなってしまいます。

多チャンネル仕様のコントローラーもまあ1万円ぐらいで売っていますが、ここらでPC制御にしてしまおうかと画策してみました。PCでは事前に自宅で照明のシュミレーションなんかもできるようですし、パターンを作成するのも3Dで照明具合を見ながら作成できるようです。そういったソフトがフリーであるのを見つけ、対応するUSB-DMXコントロールBOXも新規にアナログ式のコントローラーを購入するのとほぼ変わらないくらいの価格だったため一気に挑戦です。

ただココで記事書くくらい苦戦しました。。。。

まず購入したUSBでDMXをコントロールする機材は、これ。ENTTEC OPEN DMX USB アカリセンターさんで10276円。これが5ピンの端子のため3ピン変換も用意。これはいつもお世話になっているサウンドハウスさんで810円

それとマウスやキーボード操作はなるべく避けたいので、MIDIコントローラー KORG nanoKONTROL2

もサウンドハウスさんで 3326円 

 

さてコントロールするソフトはどうやらfreestylerというのが良さそう。ただ国内での評価はほとんど無く(そもそも国内でPCでアマチュアが照明コントロールなどしていないからか)目に付いたのはこちら http://wwwb.pikara.ne.jp/matusita/dmx/freestyler.htm 非常に良く書かれており参考になりました。普通に使用出来ているようでしたのでなんの心配も無く使ってみました。 

ただ普通に使ってみたところ、なぜか調光が乱れ直線的に変化していない。LEDのonoffだけなら何とかなるのですが、旧来のランプ式パーライト等をデマーで調光しようとするとおかしくなります。

出力しているDMXを直接数値的に見ることはできないのですが、変化を見るとDMX値が128以上になると一旦消えたり隣のチャンネルにデーターが出たり挙動がおかしくなります。テスト用に電球をディマーで調光してみると明らかにおかしいです。最初はドライバーの問題かと思ったのですが、他のソフトを使用した時には問題無く動いているのでドライバー系は問題なし。freestylerに不具合のようです。PC環境なのかなとも思いマシンを変えてみたり、一通り思いつくことはやってみてます。

前記の国内で使っている方に聞いてみようかと思ったのですが、自力で調査していたら freestyler WIKIにありました。freestylerのHP自体には、ほとんど情報は無いのですがこちらのWIKIは情報の宝庫でした。

 結果:ソフト自体が2byteコードに対応していないとのこと (T_T)ガーン そういえば128前後で挙動不審になるのはそれが原因とすればわかりやすい。元々出力の方法がCOMポートの制御をして動かしているので、そのあたりの問題でしょう。comポートを8ビットnonパリティで制御している関係です。

さらに残念なことにこの問題は数年前のwikiに有り、作者さんが英語以外に対応はしないような書き込みを見つけてしまいました。なので待っていても解決され無さそうです。

仕方が無いので、他のフリーソフトにするべく色々試したのですが、freestyler以上のソフトは見つかりませんでした。

試したのはQ Light Controller シンプルでテストに良かったのですが、midiで8chまでしかコントロール出来ないとかちょっと寂しい仕様でした。 ただこれが上手く調光してくれたおかげで原因切り分けには良かったです。

QLC + Q LightControllerの派生で3Dで確認出来たりとかなり高機能になっているので良いかなと思いましたが、同じくMIDIでページ替えが出来ません。全部のマスターコントロールがMIDIに割り振れなさそうだったりちょっと使い勝手が今ひとつそうでした。

そのためやはり、何とか使用出来ないかさらに調査した結果。

\(^_^)/できました。

windows7出しか確認出来ておりませんので他では不明ですが、コントロールパネルの「地域と言語」で形式を英語にします。さらに「管理」タブをクリックして「システムロケールの変更」 でUnicodeでないソフトの使用言語を英語にします。

これによってUnicode対応されていないソフトが内部処理的に1byteで動作するため正常に動作するようになります。

 

このままでも日本語のソフトはUnicodeなので問題無く表示されます。Javaのアップデート通知とかが文字化けしてくるのがちょっと寂しいですが。

ただ、この手のソフトはイベントでの使用が前提ですからノートパソコンでのモバイル運用がほとんどと思います。なので、そのPCに新規のユーザーを作成してそれ用のログインをするようにすれば問題はありません。

freestylerの仕様で不満点 解決策(回避策模索中)
シーンで使用している時にある光源だけフラッシュ的に光らせたい時に2発以上の点灯が出来ない。マウスでは元々一箇所しかクリックできないのでダメで当然。MIDIでできるかと思ったんですけど今のところ無理。やり方が悪いだけだと思うので模索中。。。

 

 おまけ

midiコントロールでKORG nanoKONTROL2を使ったところノートパソコンでのモバイル運用時に認識しない現象に遭遇。ドライバーは認識しているのになぜだかわからない(@_@) これもよく調べたら USB-MIDI デバイスがwindowsで10以上では認識がおかしい仕様によるらしい。 コントローラー使用時にダウンロードしてインストールする KORG USB-MIDIアンイストールツールで不用そうなデバイスを切っていくしか無い。刺すUSBのポートごとにインストールされるので、複数の機材を利用していると10位すぐに埋まってしまうのがミソでした。 MIDIコントローラーの設定などはもし興味がある人がいれば聞いて下さい。いろいろ検索していてFree ソフトでDMXを制御しようとする人は国内ではほとんどいないと思われるので。DASHLIGHTとか買うのでしょうね。

 

 と 万が一日本でFreestyler 使おうかと思っている人がいれば、悩みそうだったので書いておきました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 前回の続き 1080p 1080i 変換 | トップ | Parrot Bebop Drone »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事