パソコンワンポイント 【あきあかねパソコン教室】

パソコンを使う時に ”知っていればちょっと便利!”という事を書いています

「0」を非表示にする

2007年03月31日 | EXCEL
セルの値が「0」ならば、表示しない様にする場合、
       =IF(C5="","",D5*E5)
などと IF関数で 処理する方法をよく使いますが、関数を使わずに書式設定で処理する方法を紹介します。

「0」を表示させないセルを選択し、
【書式】メニュー→【セル】でセルの書式設定を表示させ、【表示形式】タブをクリックし、
【分類】項目で【ユーザー定義】を選択
【種類】欄で選択した形式の末尾に「;」を追加します。

例えば       #,##0;[赤]-#,##0;
     正の場合;負の場合;0の場合

#,##0     正の場合(桁区切りをつけて表示)
[赤]-#,##0  負の場合(赤字で-をつけて表示)
省略      0の場合(何も表示しない)
 
もうひとつ「;」を付けると 文字列の場合を設定できます。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 選びたいものを選択! | トップ | 画像挿入を簡単に »
最新の画像もっと見る

EXCEL」カテゴリの最新記事