新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

琉球開闢説話【3】

2019年07月25日 00時00分30秒 | 日記

  宮古、島々の国創りと始祖コガタリ(説話)

宮古諸島には、ハ百以上の御嶽が存在し

その中で由緒があり最高の聖地として

 

現在でも厚い信仰を集めているピヤルミジ(漲水)御嶽がある

通称ツカサヤーと呼ばれるこの御嶽(拝所)は

 

天帝(最高神)に命じられた、男神古意角(こいかく)と

女神姑依玉(こいたま)は、盛加神(もりかの)を始め

 

ハ神百神(やそかむももかな)を従え

地上に降りた場所だとされている

 

宮古島御嶽由来記

宮古島の神話・伝説・昔物語をまとめた書によれば

古意角が地上の守護神になることを天帝に願い出ると

 

天帝はこれを祝福し、天の岩戸の先端を折って

下界の大海原に投げ入れ、宮古の島々を創られた

 

天帝は次に赤土を下し、後に黒土を下した

宮古の島々は五穀が豊かに実るようになった

 

天帝は古意角に下界に降りて

人の世建をして守護神と成れと命じた

 

古意角は天帝に「我に足りない片方の身体を賜え」と

天帝は五体備わって何の不足かと問うと

 

古意角は「すべて陽あれば陰あり陰あれば必ず陽あり」と問答を経て

天帝は古意角の願いを聞き入れ女神姑依玉の共を認めた

 

古意角は姑依玉を伴い現在の漲水御嶽のある所に降臨し

二神は多くの神々を産み、その子孫が繁栄し

宮古島々の住民となったと言う

 

島々の創造・人類創世のコガタリを祀った漲水御嶽は

宮古島々に数多い御嶽の中でも漲水御嶽は最高の聖地として

崇め強い信仰を有し大切に守られている

コメント   この記事についてブログを書く
« 琉球開闢説話【2】 | トップ | 琉球開闢説話【4】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事