新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

グシク 【4】

2019年10月25日 00時00分23秒 | 日記

 琉球国時代にグシクを城と言う当て字にして以降

歴史書やグシクを紹介する文献など

 

全て城としてグシクを紹介している

この事が現在混乱を招いている原因と言われている

 

奄美ではグシクを、ゴスコ・ウシュク

沖縄本島では、グスク・グシク

宮古・八重山では、スク・シュクなどと呼ばれている

 

城(グシク)としての成り立ち

12世紀ごろ

地域に按司(領主)が登場し

初期のころは野面積みの石垣によるグシクで

按司の居城

 

13世紀ごろには

石切積みの城壁、城郭を持つ

 

中規模なグシクで、グシク時代と言われ

ほとんどのグシク内には御嶽と言われる拝所があった

 

14世紀頃になると

大規模なグシクが築城されるように成る

 

その頃を三山時代と呼ばれ

中山王察度・南山王承察度・北山王怕尼芝とも

 

明国と交易を行っていた

かなりの権勢を誇こり、力を持っていた

 

その頃の名残が現在も地名として

北部(国頭郡)、中部(中頭郡)、南部(島尻群)と

今も使っている(三山時代は百年続く)

 

15世紀中期に

琉球は統一王朝誕生により城の築城は終了する

 

2000年に五か所のグシク

今帰仁城跡・座間味城跡・勝連城跡・中城城跡

首里城跡がユネスコ世界遺産に登録されている

コメント   この記事についてブログを書く
« グシク 【3】 | トップ | 勝連城 【1】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事