新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

仏教  【1】

2014年10月25日 14時57分35秒 | 日記

  仏教とは

 インドの地で、ガウタマ・シッダールタ(仏陀)が

開祖し世界に広まり多くの人々に影響を与え続けている

世界三大宗教の一つである


仏教の世界観は輪廻と解脱の考えにある

人の一生は苦であり

この苦は永遠に続く輪廻の中で終わることのない


この迷いの世界から解脱しない限り

無限に存在する前世と生前の「業」

臨終の心の状態によって次の

転生先と輪廻して行くとされている


初期の仏教は何かに対する信仰はなく

他宗教の信仰とは意義が異なり


ドグマ,戒律を守るとか

神との約束を守るという考えは存在しない


仏教における信仰は帰衣すると表現されている

また、仏教には仏陀の教えと

仏陀になる為の教えがあると言う


自ら「ダルマ」に目覚め悟りを得

執着している自我は存在しない


無我であると

悟ることであると言う

コメント   この記事についてブログを書く
« 宗教  【12】 | トップ | 仏教  【2】 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事