新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

琉球開闢説話【4】

2019年08月01日 00時00分27秒 | 日記

 古宇利島の始祖説話<1>

キリスト教の聖典旧約聖書に、アダム(男)とエバ(女)の人類創始と

マナ物語に酷似した、沖縄の祖先と成った人類誕生伝説である

 

最高神、天帝が男女(兄妹)を古宇利島のシラサ岬に降臨させた

二人は裸であったが恥ずかしいとは思わなかった

 

二人は毎日天上から降ってくる、餅を食べて幸福に暮らしていた

ある日、もし餅が降らなくなったら、どうしょうかと考え

 

二人は貯えようと思った

ところが貯え始めると

餅は降らなくなった困った二人は必死に月に向かって祈った

 

たうたうまへされ、たうたうまへ (お月様4、もしお月様)

大餅やと餅、お賜べめしょれ  (大きい餅を、太い餅を下さいまし)

うるまぐる拾うて、おしゃげやべら(赤螺を拾うて上げましょう)と

 

声を嗄らして歌ったが餅は二度と降る事はなかった

 

二人は生きるための糧をえるために

海で魚介類などを獲り生活をした

 

二人は動労の始めと、生きる苦難を知るようになる

コメント   この記事についてブログを書く
« 琉球開闢説話【3】 | トップ | 琉球開闢説話【5】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事