新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

尚氏第二王統【1】

2020年05月10日 00時00分21秒 | 日記

 尚氏第二王統とは初代尚円王が1469年王位に即位

十九代続き410年琉球国を統治した王統

 

尚円王は現在の島尻郡伊是名村諸見

父尚稷・母瑞雲の二人兄弟の長男として

 

1415年生まれたと言われている

わらびなー(童名)は思徳金(うむとくがに)

 

思徳金が二十歳、弟は五歳の時両親が死去

家族で農業を営んでいたが

 

島は長い間雨が降らず干魃になり

なぜか思徳金の田だけ水があった事から

村人から盗水の嫌疑をかけられた

 

村に住む事が出来なくなり島を出て

国頭ムラに居住したと伝えられている

 

この伝承は、尚氏王統初代思紹王の父

佐銘川大主の伝承と類似したストーリーである

どちらがなぞったのか不明で後世の作と考えられている

 

思徳金家族は後に久志ムラなど経て首里に移住する

1441年、二十七歳の時

尚金福王の弟尚泰久に家臣として仕えた

 

思徳金は能力を発揮し三十八歳の時には

当時最高位黄冠に出世した

 

その後尚泰久が尚氏王統六代目に即位すると

西原間切内間地頭に任じられ采地を有するまで出世した

 

1459年には御物城御鎖側官(貿易長官)に就任

役人のトップ実力者に出世したのである

思徳金は自ら金丸と称した

 

しかし重臣として寵愛を受けていた尚泰久王が

1460年四十五歳で薨去した

金丸四十六歳のときである

コメント   この記事についてブログを書く
« 尚氏王統【7】 | トップ | 尚氏第二王統【2】 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事