新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

沖縄の仏教 【29】

2017年12月10日 00時02分44秒 | 日記

 南陽紹弘

南陽紹弘は臨済宗妙心寺派の教を広く沖縄に伝えた

信仰者として実践活動して、生き仏と称された

俗に北谷長老とも呼ばれた

 

南陽紹弘は北谷玉寄席村(現北谷町)に生まれ

十三歳の頃に出家し、十九歳の時

日本に渡り幾多の寺院で修行した

 

三十五歳頃、睦奥国松島(宮城県)の瑞厳寺で

約四年仏学・修行を行い臨済宗妙心寺派の嶺南崇六より

仏法の奥義を受け継いだ

 

沖縄に帰国後建善寺(首里)の住持となるが

数年後、住職を辞して

 

故郷の北谷玉寄村に、隠棲し村人の求めに応じ

病のある人々には祈祷してあげ、求めるお札をあげ

 

また、田畑が害虫に悩んでいるとき、徐去のお札をあげ

祈ると村人の求める通りに成ったという

 

南陽は、生き仏として崇め

親しみを込めて、北谷長老と呼んだ

 

南陽紹弘は、1651年11月5日の遷化した

北谷東のむい(丘)の所に葬られている

 

毎年3月3日に墓前祭りが、村人が集って行われている

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 沖縄の仏教 【28】 | トップ | 沖縄の仏教 【30】 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (花咲あさひ)
2017-12-11 14:17:45
こんにちは。
沖縄の仏教を勉強させて頂きます。
沖縄のことは,かなり前にひめゆりの塔を勉強している時に学ばせて頂いたくらいで宗教や信仰の形態はほとんど知りません。ただ,沖縄には独特の宗教観と云うか信仰の形があるように思っていました。

とても読み応えありそうです。拝
はじめまして (鈴木<佐貫卓球ルーム>)
2017-12-13 18:55:08
こんにちわ~ランダムから来ました

沖縄は行った事がありません
息子は高校の修学旅行で行きました
でも東京在住の頃電気工事の仕事をしていた時沖縄人と知り合いました
金城さん宮里さん達数人でした
池袋に沖縄県人会があるそうです
一番仲良かった金城さんは沖縄の女性と結婚しました
一度沖縄に来て~~~と言われて35年が経ってしまいました
沖縄をもっと勉強したいです

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事