新 ノ 城  Okinawa

おきなわを サラ・さらっと 視る

  

自然繊維 ウール・シルク・コットンについて(1)

2013年06月11日 00時03分33秒 | 日記
ウール(羊毛) 羊が飼育されたのは1万年前。

 は品質改良が続けられ。種類が3千種類以上といわれている。

 これを大きく分けると。

メリノ種、良質で高級織物として。30%。以上。

雑種(クロスブレッド)合わせて75%以上生産され衣料用として要視されている。

梳毛
(ウーステッド)、紡毛(ウーレン)は一般の服地に多く使われている。

 ほかに、アンゴラ山羊・カシミヤ山羊・アルパカ・ラクダなども。

 獣毛品質表示法では(毛)と呼んでいる。

羊毛(ウール)の特色

 湿気は通すが、水滴ははじく。保温性がある。

ウールの欠点

 熱湯や、冷水で洗濯すると縮む。

 虫に弱い・湿気や水に当たると折り目(プリッ)が消える、

 必ずドライクリーニングに出すこと。

 しまうときは防虫剤を入れて、湿気のない風通しの良いところに保管する。
コメント   この記事についてブログを書く
« チャレンジ しています | トップ | 自然繊維 ウール・シルク・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事